専門学校 日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立専門学校

専門学校 日本聴能言語福祉学院

パンフレットをもらう

専門学校 日本聴能言語福祉学院 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-112-436(事務)  
E-mail
ncg-office@kzan.jp  
URL
http://ncg.kzan.jp/  

義肢装具学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:30
  • 年限:3年

【義肢装具学科】モノづくりでリハビリテーションを支えるプロフェッショナルを育成します!

◆高い国家試験合格率(平成26年度実績96.4%)
過去の実績は平成19・20・21・23・24年度とコンスタントに合格率100%を達成しています。義肢装具学科には長い時間をかけて培ってきた「国家試験合格のノウハウ」がたくさんあります。また、姉妹校の専任教員(理学療法士)の講義から専門分野の知識を得ることができます。つまり、実際の医療現場にすぐ対応できる知識と、国家試験に合格するためのカリキュラムがしっかりと組まれているため、勉強が苦手なひとでも確実に実力が身につきます。

◆就職希望者内定率100%
義肢装具学科の専任教員が直接、学生の就職相談を2年生から徹底した就職指導を行っています。また、求人受付、依頼、斡旋などの業務を行うとともに、全国の義肢装具製作会社に参加を呼びかけ、企業説明会も開催しています。そして、3月初旬に実施される国家試験に全力投球できるよう、「3年生の年末までには就職内定」を獲得することのできる体制を整えています。

◆卒業生のネットワーク
これまでに義肢装具学科の卒業生は500名を越えており、全国各地で義肢装具士として活躍しています。卒業生が多いということは臨床実習や就職などあらゆる場面で先輩の協力が得られます。これから義肢装具士を目指す皆さんにとって、“心強いサポーター”がたくさんいるということは他校にはない大きなメリットです!

◆充実した学習環境
臨床現場で活躍する方々の特別講義に加え、本校独自の実習カリキュラムとして、最先端技術の一つである「筋電義手」の製作実習を行っています。また、臨床現場のニーズに応えるために、福祉用具をはじめ整形靴の製作実習を本格的に行っています。卒業時には健常者や障がい者の足を問わず、「靴を作る技術」を身につけることが可能です。また、義肢装具を製作するための工作機械をすべてドイツから導入し、安全でより高度な製作技術が習得できるよう充実した学習環境を整えています!

◆都会の真ん中にある利便性
名古屋駅から徒歩でも約10分。また、地下鉄を利用すれば名古屋駅から乗車時間約3分で学校近くの最寄り駅(中村区役所)に到着します。この駅から学校までは徒歩1分です。学校周辺は、名古屋の中でも古い町並みが残るエリアです。学校の周りにはワンルームマンションもたくさんありますので、ひとり暮らしをするには最適な環境です!

卒業後の進路

本学の卒業生は、現在までに590名(2016年4月)が東海地方はもちろん、全国各地で義肢装具士として活躍しています。約90%が全国の義肢装具製作会社に就職しています。このほか、病院やリハビリセンター、義肢装具パーツメーカー、教育機関、さらに本学で培った知識をより深めるために大学や大学院の進学をしたり、青年協力隊員(JICA)や海外の大学講師として国際的にも活躍しています。

◆主な就職先/内定先
(有)中部義肢、公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンター、(有)尾張義肢製作所、(株)松本義肢製作所、(株)長崎かなえ、(有)稲垣義肢、(株)大井製作所、東名ブレース株式会社、(株)徳田義肢製作所、(株)大床義肢、(有)渡辺義肢製作所、(株)富山県義肢製作所、(有)戸田義肢製作所、(株)有薗製作所、(株)かなへ義肢製作所、日本フットケアサービス株式会社ほか

めざせる資格・検定

義肢装具士  

専門学校 日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科のトップへ

注目のカリキュラム

前腕義手(実習)

注目のカリキュラム
義肢装具学科では、独自のカリキュラムとして実際の切断者をモデルに「筋電義手(電気で動く義手)」を学生ひとり一人が製作する実習を行っています。近年、マスコミなどでも広く紹介されている分野でもあり、特にこの分野を学びたいという入学制も増えています。

また、整形靴の製作実習にも本格的に取り組んでおり、学生個々が足の型をとって、木型製作から製甲、仕上げまでを全て手作りで製作します。卒業時には、健常者や障がい者の足を問わず、「“義肢装具士”として靴を作る技術」を身につけることが可能です。

専門学校 日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科のトップへ

学費

2017年度予定

入学金 500,000円
卒業までの総学費 5,150,000円
学費について ※教科書・教材費、諸費用は別途必要になります。
※人物・学業ともに優れた学生を経済的にバックアップするため、各種奨学金を斡旋しています。
◆専門実践教育訓練給付金制度
◆教育訓練支援給付金制度
◆日本学生支援機構
◆各種育英団体による奨学金
 ・財団法人 交通遺児育英会
 ・あしなが育英会
 ・母子寡婦福祉資金(愛知県)
 ・岡崎市奨学資金(愛知県岡崎市)
◆国の教育ローン

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

専門学校 日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科のトップへ

専門学校 日本聴能言語福祉学院に興味を持ったらパンフレットをもらおう
専門学校 日本聴能言語福祉学院のパンフをもらう