名古屋工学院専門学校 電業技術学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立専門学校

名古屋工学院専門学校

パンフレットをもらう

名古屋工学院専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-153-750(入学相談窓口)  
URL
http://www.denpa.ac.jp/  

電業技術学科の紹介

  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:40名
  • 年限:2年

小さな建物も大きな建物も、ビルをまるごと管理!

住宅のオール電化や省エネ対策、ビル管理の合理化をすすめる自動化システムの開発など、電気技術者にもより専門性が求められています。本科ではこうした社会のニーズに応え、住宅の電気工事からビルなどの電気・空調設備の維持管理まで、幅広く活躍できる技術者を育成します。
また、卒業と同時に第二種電気工事士の免状が取得できるのもメリットです。

卒業後の進路

2016年卒業生就職実績
【電気分野】
中部電力(株)、出光興産(株)、川崎重工業(株)、西日本旅客鉄道(株)、ヤマハ発動機(株)、西日本電気システム(株)、(株)トーエネック、アイシン高丘(株)、イオンディライト(株)、TSUCHIYA(株)、KDDIエンジニアリング(株)、日本リーテック(株)、(一財)電気保安協会(中部・北陸・関西・中国・四国)、東光電気工事(株)、新生テクノス(株)、(株)ダイケングループ、中立電機(株)、(株)朋電舎、旭日電気工業(株)、ジェイアール東海総合ビルメンテナンス(株)、三和電気土木工事(株)、(株)トヨタエンタプライズ、(株)トヨタエンタプライズ 豊田技術事業部、(株)サン総合メンテナンス、(株)メイエレック

めざせる資格・検定

電気工事士 ボイラー技士
危険物取扱者 消防設備士(甲種第4類)
第一種電気工事士 第ニ種電気工事士

名古屋工学院専門学校 電業技術学科のトップへ

注目のカリキュラム

電業技術

〇電力設備
電気工事の施工方法や電力設備の原理を学びます。

〇消防・保安設備
消防設備について学び、消防設備士試験合格を目指します。

名古屋工学院専門学校 電業技術学科のトップへ

学費

入学金 230,000円
卒業までの総学費 2,096,000円
学費について ※学費については必ず本校にお問い合わせください。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

名古屋工学院専門学校 電業技術学科のトップへ

名古屋工学院専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋工学院専門学校のパンフをもらう