名古屋栄養専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立専門学校

名古屋栄養専門学校

パンフレットをもらう

名古屋栄養専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-15-7241(NSCカレッジ入学事務室)  
E-mail
infonsc@nsc.ac.jp  
URL
http://www.nsc.ac.jp  

先輩の声

専門学校に対するイメージが思いっきり変わりました!

鵜飼 千啓 さん / 愛知県立天白高校 出身

先輩

正直、入学するまでは「専門学校」への進学に抵抗がありました。でもここは実習が多く、100食分の大量調理を体験するフードサービス実習など授業は充実。大学に進んだ友人の「座学ばかりだよ」の言葉も聞いて、ここにして良かったと心から思っています。よく「栄養士の食事は健康に良いのかもしれないが、味が…」と耳にしますが、ここでは「食べておいしく、栄養もある食事」の技術や知識が身につく。高校までは勉強嫌いでしたが(笑)今は勉強が楽しく、経験を重ね管理栄養士を目指そうと思っています。

(掲載年度:2014年度)

調理師として働くうちに栄養の知識の大切さを実感!

谷口 英司 さん / 愛知県立守山高等学校 普通科 出身

先輩

調理師として有料老人ホームの厨房で働くうち「献立を作成したり、もっと喜んでもらえる料理を作りたい」と考えるように。現在は勤務先の理解を得て、平日は学校、週末は仕事といった具合で、勉強は少し大変ですがとても充実しています。今後は介護食や塩分などの制限食を必要とする人がますます増えます。目指すのは医師や看護師が出した「脂質制限を」などのオーダーを守りつつ、安心・おいしい食事をどう工夫するか考えられる栄養士。人体や栄養について学ぶごとに発見があり、授業が楽しくてたまりません。

(掲載年度:2014年度)

頑張った分、結果はついてくる。支えてくれた家族・仲間に感謝!

松丸 綾野 さん / 名古屋造形芸術短期大学 出身

先輩

子どもの成長や年を重ねていく親の姿を見たりするうちに「食」の大切さに改めて気づき、好きだった料理関係で資格を取ろうと決心しました。一時は「資格を取っても就職できないかも」と年齢を気にしたこともありましたが、今は「頑張った分、結果は必ずついてくる」と実感。帰宅後、夜中までレポートを作成することなどもありましたが、同じ目標を目指すさまざまな年齢の同級生や、家族の支えがあってやり遂げることができました。自分でも「一生で一番勉強した」と自信を持って言えますよ。

(掲載年度:2014年度)

▲ 名古屋栄養専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

日食の世界をトータルに理解し、栄養士として自信をもって知識を生かせる人になってほしい。

武藤 由美 先生

先生

栄養士・管理栄養士は、食のプロとして食物が口に入るまでの全てのことを把握しているのが理想です。生産・製造を経てやっと消費につながっているということをなんとなく知っているのではなく、きちんと理解し自分の知識にすることで、自信を持って仕事ができます。
現場の仕事経験のない学生に、栄養士としての自分の経験をなるべく授業に盛り込んでいきたいと思っています。
栄養士として仕事をしていくのに何が必要か、何を学ばなければならないのかを明確にし、効率よく学んで欲しいと思っています。
また、栄養が人にどのような効果をもたらすかを考えて、まずは食べてもらえることを絶対条件においしい食の提供ができるプロ意識の高い人になってもらいたいです。

(掲載年度:2015年度)

説得力のある資料作成に欠かせないパソコン力を身に付けた栄養士に。

前田 文 先生

先生

今日では栄養士の職場でもコンピュータが欠かせません。パソコンは、単にレポート作成や栄養成分計算を容易にするだけの道具ではありません。対象者、周囲の人たちが、より健康になるための栄養指導、その効果・説得力を高めるためには、栄養知識に加えてパソコン力は強力な助っ人となります。本校では、料理の写真を取り込んで、喫食者が食べたくなるようなポスターやパンフレットを作れるようになります。また、プレゼンテーション力を高め、コミュニケーションの道具として大いに活用できるようにと、授業はいろいろと工夫を重ねています。パソコンが苦手というあなたも一緒にパソコン力をつけましょう。

(掲載年度:2015年度)

▲ 名古屋栄養専門学校の先輩・先生情報トップへ

名古屋栄養専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋栄養専門学校のパンフをもらう