横浜デジタルアーツ専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立専門学校

横浜デジタルアーツ専門学校

パンフレットをもらう

横浜デジタルアーツ専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-59-1317(入学案内センター)  
E-mail
imail@iwasaki.ac.jp  
URL
http://yda.iwasaki.ac.jp  

先輩の声

Webディレクターとして就職が決まりました!

K.I さん / Web科

先輩

■YDAに入学する以前、私は大学に通い映像や音楽、Webなど幅広くPCを使った作品の勉強をしていました。そこでWebの面白さに気がつき、大学卒業後、YDAへの入学を決意、Webディレクターとして仕事が決まった!という今に至ります。めざしていた職につけてうれしいし、本当によかった。大学を出てからの再入学はある意味賭けでしたから・・・(笑)

■振り返ってみると、YDAだから勉強できたことがたくさんありました。それはHCD(人間中心設計)というWebサービスのつくり方で、とことんユーザー目線でザインする方法。しかも、インターンシップとして企業の方から依頼を受けて実践できる!これがこの学校のすごいところ!仕事の仕方や技術面など、全てにおいて成長できたなと思います。

■YDAは本気で専門職への就職をめざしている人にとって、必要な知識や経験を十分に得られる場所だと思います。夢中で作品をつくり、積極的にインターンシップに参加した2年間、気づいたら私には自信をもってアピールできるものがたくさんありました。夢をかなえるためのキーワードは「本気」!みなさんもその気持ちを学校でぶつけてみてください。

(掲載年度:2013年度)

イラストとデザイン!両方を担当する就職が決まりました!

T.S さん / グラフィック科広告編集コース

先輩

■高校時代からイラストの仕事がしたくて、YDAに入学。業界をめざすなら「デザインもできなくてはダメだ」と知り、勉強するうちに両方に興味が出てきました。

■学生時代はコンテストやインターンシップをたくさん経験。応募した作品がポスターに採用され、街に貼りだされたり、担当した新聞記事が売られたときはすごくうれしかったです!大変なこともありましたが、どちらも世の中にでるデザインを自分たちがつくるという責任、それは大きな自信につながりました。

■そして!グラフィックデザイナーとしてソーシャルアプリ開発を行う会社への就職内定が決まりました!内定先の会社では「イラスト」と「デザイン」の両方を担当できることに!夢がかない、最高にうれしいです。

(掲載年度:2013年度)

ゲームキャラクターデザイナーとして就職が決まりました!

K.Y さん / CG科

先輩

■念願だったゲーム会社でのCGグラフィッカー、キャラクターデザイナーとして就職内定が決まりました!昔からゲームが好き、絵を描くことが好きで、YDAで学び描きためた絵は自己アピールの一環としてネットで公開。こつこつやってきたことが認められ、夢がかなった!とてもうれしいです。

■実際にゲームグラフィッカーとして働いている先生にはとてもお世話になりました。選考に残るために、幅広いジャンルの作品を用意することや、昔と今の絵を比べ技術の進歩を見てもらうなど、ポートフォリオのつくり方のアドバイスをもらい、その甲斐あって、本番ではポートフォリオをほめてもらうことができました!感謝しています。

(掲載年度:2013年度)

▲ 横浜デジタルアーツ専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

プロのサウンドクリエイターは、授業中はもちろん、放課後もアツイぞ!

藤原光洋 先生

先生

藤原先生はプロのサウンドクリエイター。だから、音楽へのこだわりは人並みはずれてアツい。授業中の熱心な指導だけでなく、音楽についての質問は放課後でもとことんつきあっている。そんな藤原先生は、ミュージック科の学生や体験入学に訪れる高校生の憧れの的になっている。
「自分を超えるクリエイターを輩出したい」と常々口にしている藤原先生は、学生からの信頼も厚い。

(掲載年度:2013年度)

▲ 横浜デジタルアーツ専門学校の先輩・先生情報トップへ

横浜デジタルアーツ専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
横浜デジタルアーツ専門学校のパンフをもらう