横浜デザイン学院 ファッション科 ファッションデザインコースの情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立専門学校

横浜デザイン学院

パンフレットをもらう

横浜デザイン学院 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-001-097  
E-mail
info@ydc.ac.jp  
URL
http://www.ydc.ac.jp  

ファッションデザインコースの紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 年限:2年

ファッションを基礎から学べます

デザイン企画はもちろん、服・ファッションアイテム制作に必要な知識・技術を習得。感性を広げる学びにも注力していいきます。

POINT1?変化していくファッション業界で活躍できるデザイナーの育成
POINT2?プロが指導する実践的カリキュラム
POINT3?オリジナルブランドを立ち上げて学ぶ

時代と社会と共に変化していくファッション業界。時代の空気を読み取り個性を表現し、未来を予測する眼を養う能力が必要といえます。完成度の高い製品を効率よく生産するため、業界の第一線で活躍するプロが実践的なカリキュラムを組み、発想力や素材の選択、シルエットを美的に演出するためのパターンメーキングや効率のよい縫製工程など、専門技術と知識を基礎からしっかり学びます。

【1年次】
ファッションリテラシーをはじめ、パターンメーキング、ドレーピング、ソーイングの授業を通して、衣服が作られまでのプロセスを習得し、ファッション業界で仕事をするために必要な基礎を固める。

【2年次】
即戦力として活躍できる能力を身につけるために、1年で学んだ基礎を応用して、ドローイング、ドレーピング、などの実習を重点的に行う。そして、オリジナルブランドの商品企画にもチャレンジする。

卒業後の進路

■ファッションデザイナー
服飾メーカーで服をデザインするアパレルデザイナーや、生地メーカーで糸・編み地・染色などを企画・デザインするテキスタイルデザイナーなど、時代と消費者のニーズに応えるデザインを生み出すスペシャリストです。

■パタンナー
デザイナーの描いたデザイン画からCADの製図を行うエキスパート。布地や縫製技術の専門知識を活かし、美しいシルエットと高い機能性を満たしたパターンメーキングを追求していきます。

■マーチャンダイザー(MD)
商品企画の責任者。デザイナー、スタイリストなどの専門職をリードしながら、ブランドの企画、デザイン、生産コストの管理、販売戦略までの総てを統括するプロデューサー的存在です。

■サンプルメーカー
試作見本や、展示会用の見本などを製作します。デザイナーのコレクション作品なども製作することがあります。

めざせる資格・検定

パターンメーキング技術検定 ファッションビジネス能力検定
ファッション販売能力検定 ファッション色彩能力検定

横浜デザイン学院 ファッションデザインコースのトップへ

注目のカリキュラム

年2回のファッションショー

注目のカリキュラム
学園祭、卒業制作展でファッションショーを開催。
作品の制作、イベントの運営を通して多くのことを学べます。

横浜デザイン学院 ファッションデザインコースのトップへ

学費

2016年度

入学金 1,062,000円
卒業までの総学費 1,972,000円
学費について <<初年度納付金内訳>>
合計・・・・・・・・・・1,020,000円
----------------------------------------
入学金・・・・・・・・150,000円
授業料・・・・・・・・560,000円
施設維持費・・・・110,000円
実習費・・・・・・・・120,000円
諸費・・・・・・・・・・・25,000円
教科書・教材費・・55,000円
----------------------------------------

<<進級時納付金>>
合計・・・・・・・・・・・870,000円
----------------------------------------
授業料・・・・・・・・・560,000円
進級費・・・・・・・・・・25,000円
施設維持費・・・・・110,000円
実習費・・・・・・・・・120,000円
諸費・・・・・・・・・・・・25,000円
教科書・教材費・・・30,000円
----------------------------------------

<<その他諸費>>
校友会費(年額)・・・・・5,000円
校外学習費(年額)・・・35,000円
災害傷害保険(2年間)・・2,000円

@校友会費は学園祭やイベントなどの補助として使われます。
A校外学習費は交流会などの校外活動に使われます。
B学生生徒災害傷害保険は、学校の授業中や課外活動中に起こった事故などでけがをした場合に支払われるものです。在籍する2年間の保険料です。

<<学費分納制度あり>>
第一回納入金(合格後1週間以内)・・・・・645,000円+教科書・教材費・その他諸費
第二回納入金(9月1日まで)・・・・・・・・・・160,000円
第三回納入金(12月8日まで)・・・・・・・・・160,000円
※二年進級時納付金も分納制度あり
※2016年度実績

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

横浜デザイン学院 ファッションデザインコースのトップへ

横浜デザイン学院に興味を持ったらパンフレットをもらおう
横浜デザイン学院のパンフをもらう