横浜医療秘書歯科助手専門学校 医療秘書科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立専門学校

横浜医療秘書歯科助手専門学校

パンフレットをもらう

横浜医療秘書歯科助手専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-35-1504  
E-mail
info-yokohama-med@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/yokohama-med/  

医療秘書科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:女子
  • 募集定員:80名
  • 年限:2年

医療秘書科

「病院実習」や資格取得を通して、医療秘書のプロになれると実感できる2年間。医療従事者として、秘書として求められるさまざまな知識・技術をより専門的に学びます。

卒業後の進路

聖マリアンナ医科大学病院/北里大学病院/昭和大学病院/けいゆう病院/国際親善総合病院/NTT東日本関東病院/海老名総合病院/大船中央病院/河北総合病院/綾瀬厚生病院/新横浜母と子の病院/武蔵野赤十字病院/聖隷沼津病院/済生会横浜市東部病院/松島病院/横浜労災病院/横須賀共済病院/ランドマーク医院/宮川病院/大和成和病院 など

めざせる資格・検定

P検-パソコン検定試験 コンピュータサービス技能評価試験
ビジネス能力検定(B検)ジョブパス サービス接遇検定
ビジネス文書検定 医療秘書技能検定
医療事務技能審査試験 診療報酬請求事務能力認定試験
医事コンピュータ技能検定  

横浜医療秘書歯科助手専門学校 医療秘書科のトップへ

注目のカリキュラム

医科医療事務T

注目のカリキュラム
病院の「会計業務」と「保険請求書類の作成」について学ぶ授業。また、医療事務は厚生労働省が定めた全国共通のものなので、検定を習得すると全国の医療機関で活躍できます。

横浜医療秘書歯科助手専門学校 医療秘書科のトップへ

学費

2017年度予定

学費について 【年間学費(全納の場合)】
入学金:100,000円(1年次のみ)
授業料:740,000円
施設設備費:180,000円
--------------------
合 計:1,020,000円(2年次:920,000円)

【年間学費(分納の場合)】
入学金:100,000円(1年次のみ)
授業料:370,000円
施設設備費:90,000円
--------------------
合 計:560,000円(2年次:460,000円)、7月納入金:460,000円

※教科書代、材料費、実習費、検定受験料などは実費負担となり、指定期日までの納入となります。
1年次18万〜23万円程度、2年次20万〜25万円程度が別途必要となります。

横浜医療秘書歯科助手専門学校 医療秘書科のトップへ

横浜医療秘書歯科助手専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
横浜医療秘書歯科助手専門学校のパンフをもらう