呉竹鍼灸柔整専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立専門学校

呉竹鍼灸柔整専門学校

パンフレットをもらう

呉竹鍼灸柔整専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
045-471-3731(入試事務局)  
E-mail
kuretake-info-yoko@kuretake.ac.jp  
URL
http://www.kuretake.ac.jp/acupuncture/  

先生からのメッセージ

時代に適応し、社会に貢献できる医療人を目指してください

小林 賢次 先生

先生

本校は、戦後の復興から間もない昭和29年に開校した歴史ある学校です。卒業生は5,000人以上を数え、その活躍は国内外で高い評価を得ています。医療技術が格段に向上した今日、日本は世界でも有数の長寿国となりましたが、疾病に苦しむ人々が少なくなった訳ではありません。社会の複雑な変化に伴い疾病構造も大きく変容し、その結果、医療の質が求められる時代となりました。予防医学として期待が高まる東洋医学は、人に優しい医療として注目を集めると同時に、それを提供する医療人の質向上が一層求められています。本校が長きにわたり育んできた教育のもと、専門知識・技術を修得し臨床力を養うと共に、医療人としての人間性を磨き、社会に貢献できる立派な医療人を目指して下さい。

(掲載年度:2015年度)

伝統医学と現代医学の基礎力を身につけ、 医療人としての心を育んでください。

鈴木 俊三 先生

先生

伝統医療は病気ではなく、病人そのものを診る医療。疾病の治療に加えて、その予防や健康の維持増進にまで貢献することができます。今、高齢社会など構造的な問題から、現代医学と伝統医学が相互に補完し合う統合医療や地域医療が必要とされています。入学される皆さんは伝統医学と現代医学を広く学ぶとともに、全人的な医療を施せる医療人としての心を大切に育んでもらいたいと思います。

(掲載年度:2016年度)

柔道整復の基礎力とプロ意識を、医療人の土台として築いてください。

田中 秀和 先生

先生

柔道整復師は治療家であると同時に機能訓練指導者でもあり、地域医療や福祉に加え、アスリートやアーティストのトレーナーなど、実に幅広い分野で活躍しています。そこで重要になるのが、医療人にふさわしい倫理観とプロフェッショナリズムです。本学科では柔道整復の知識、技術、臨床力とともに人間力を磨き、医療人としての土台を築く指導をしていきます。

(掲載年度:2016年度)

▲ 呉竹鍼灸柔整専門学校の先輩・先生情報トップへ

呉竹鍼灸柔整専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
呉竹鍼灸柔整専門学校のパンフをもらう