日本菓子専門学校 ハイテクニカル科(2016年4月開設)の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

日本菓子専門学校

パンフレットをもらう

日本菓子専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3700-2615(事務局)  
E-mail
nks@nihon-kashi.ac.jp  
URL
http://www.nihon-kashi.ac.jp/  

ハイテクニカル科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 2016年4月開設
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:36名
  • 年限:1年

ハイテクニカル科

教育理念
本校では「業界の期待に応える人材づくり」を1960年の創立以来、教育理念として現在まで多くの人材を輩出して参りました。
近年、菓子業界においては、 メディア等に多くの技術者が紹介されおり、普段の菓子づくりだけでなく、より高度な技術を伴うコンクールへの参加や創作活動を行なう方が増えております。
よ りハイレベルな専門技術・知識を早い段階から習得させることを目指して新学科「ハイテクニカル科」を開設する運びとなりました。

通常の製菓技術に留まらず 菓子製造・販売で役立つ授業(語学、販売促進、接客、カフェ技術、ディスプレイ等)も取り入れます。更に各種コンテストなどへの参加が出来るように、ア メ、チョコレート、マジパン、シュガークラフト等の細工技法や表現方法などの高度な実習授業を行います。

また本校の特徴でもあります和菓子や製パンを洋菓 子に生かせる技術も幅広く学び将来、世界で活躍できる技術者を養成していきたいと考えております。


出願資格
・ 日本菓子専門学校製菓技術学科洋菓子科卒業生及び卒業見込者
・ 日本菓子専門学校製菓技術学科洋菓子科編入卒業生
・ 他の製菓専門学校2年制卒業生で洋菓子製造実務経験1年以上の方
・ 製菓専門学校卒業生でない場合は、洋菓子製造実務経験2年以上の方

日本菓子専門学校 ハイテクニカル科のトップへ

注目のカリキュラム

1テーブル2名の少人数制実習でよりハイレベルな専門的技能・知識の習得を目指す

実習90% 社会教育10%
教育目標
・よりハイレベルな専門的技能・知識の習得を目指す。
・工芸菓子(マジパン細工.シュガークラフト.アメ細工.チョコレート細工.雲平・餡平細工)の技術習得を目指す。
・ジャパンケーキショーや軽井沢スイーツ博コンクールなど各種コンテストへの参加を目指す。
・菓子製造技能検定2級取得を目指す。

授業内容
洋菓子A  生菓子、焼菓子、チョコレート、グラス・ソルベなど
洋菓子B  伝統菓子、創作菓子、アシェットデセール、コンフィズリーなど
工芸技法  マジパン細工、アメ細工、シュガークラフト、チョコレート細工、雲平細工など
ゼミナール 喫茶、販売、ディスプレイ、ラッピングなど
社会教育  語学、ガイダンス、健康診断、試験、進路指導、ジャパンケーキショー見学など

特徴
・1テーブル2名の少人数制実習
・火曜日〜金曜日の授業 週4日間(8時間/日.32時間/週)30週間×4日 120日間(960時間)

※姉妹校 フランス国立高等製菓学校イサンジョー校での研修旅行に参加(卒業後任意参加)

日本菓子専門学校 ハイテクニカル科のトップへ

学費

2016年度

入学金 0円  〜  150,000円
卒業までの総学費 1,100,000円  〜  1,250,000円
学費について 入学金 150,000
教育充実費 200,000
実習料 500,000
授業料 400,000
※入学金は本校卒業生の場合なし。
※卒業生には、卒業見込学生も含まれます。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

日本菓子専門学校 ハイテクニカル科のトップへ

日本菓子専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
日本菓子専門学校のパンフをもらう