日本菓子専門学校 製パン技術学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

日本菓子専門学校

パンフレットをもらう

日本菓子専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3700-2615(事務局)  
E-mail
nks@nihon-kashi.ac.jp  
URL
http://www.nihon-kashi.ac.jp/  

製パン技術学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:40名
  • 年限:1年

製パン技術学科

パンのほかに製菓の基本を1年間でマスターでき、製パン実習60%、製菓実習15%、製パン理論、経営学、販売25%という割合で技術と理論を学びます。実習は、道具についての知識に始まり、パン生地の扱い方、材料の役割、ミキシングから焼き上がりに至るプロセスなどを学びます。

卒業後の進路

(有)プロローグ、(株)ポンパドウル、(株)デイジイ、(有)ブーランジュリー・オーヴェルニュ、(株)もあ 、(株)ぐるぐる、(株)サンジェルマン、(株)マイ ベーカリーハウス・マイ、(有)濱田家、(株)サガミベーカリー、(株)ブーランジェリー・エリック・カイザー・ジャポン、(株)洗足ベーカリー(ロンシェール)、(有)あんぽんたん、専修学校 日本菓子専門学校 他

めざせる資格・検定

パン製造技能士 食品衛生責任者

日本菓子専門学校 製パン技術学科のトップへ

注目のカリキュラム

1年間という限られた時間で、多くの技術・知識を習得します!

注目のカリキュラム
日本菓子専門学校の製パン技術学科では、「ブーランジェリー・パティスリー」時代に先駆けてとらえ、そのベースとなるカリキュラムを、どこよりも早く実践。
1年間で、パンと洋菓子の基本を効率良くマスターできるよう、中身の濃い授業を展開しています。
その割合は、製パン実習が60%、製菓実習が15%、理論学科が25%と、理想的なバランスを考えて組み立てました。
さらに、この独自のカリキュラムは、自分自身の視野や将来の選択肢を広げることにも役立ちます。

製菓の技術が製パンに活かされています
和菓子や洋菓子の技術をパンづくリに生かせる点も、製パン技術学科の魅力です。
たとえば、あんパンをつくるときには、まず餡を仕込んでから、あんパンとして加工します。これは製菓技術学科が一緒になっているからこそ体験できる日本菓子専門学校ならではの醍醐味です。
製パン技術学科では、業界の多様なニーズにも対応できるよう、幅広いカリキュラムを設定しました。学校内の教師陣と外部の講師陣が一体となり、基礎から応用に至るまで、さまざまな授業を展開。衛生学、栄養食品学、経営学などの一般教育から製パン・製菓の専門教育までバランスよく学び、在学中に食品衛生責任者の資格を取得。パン製造技能士の資格取得をバックアップしています。

実践力を養う1グループ4人制の実習
すべての学生に、しっかりと技術を学んでもらいたい。そんな気持ちが出発点となった、少人数制の実技実習。製パン技術学科では、1グループ4人という少人数制で、パンづくりに取り組んでいます。しかも、1回の実習で1種類のパンをつくるというのではなく、一般的な店舗と同じように、グループごとに3〜4種類を並行してつくっていきます。また、作業は交替で行われるため、さまざまなパンづくりの工程を、すべての学生が無駄なく学ぶことができます。

有名パン店のシェフのほか、各分野のプロが授業を担当
おいしいパンをつくるためには、高度な技術と豊富な知識に加え、積み重ねられた経験が大切となります。そのため、これらの要素を備えた専任教師だけでなく、有名パン店で活躍する講師を招き、生きた指導を実践。実技のみならず材料学・機械・語学・経営学など学科についても第一線で活躍する各分野のプロフェッショナルが、万全の体制で、授業に取り組んでいます。

日本菓子専門学校 製パン技術学科のトップへ

学費

2017年度予定

入学金 250,000円
卒業までの総学費 1,575,000円
学費について 入学金 250,000
教育充実費 280,000
実習料 495,000
授業料 520,000
校友会費 30,000

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

日本菓子専門学校 製パン技術学科のトップへ

日本菓子専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
日本菓子専門学校のパンフをもらう