専門学校 東洋公衆衛生学院 診療放射線技術学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

専門学校 東洋公衆衛生学院

パンフレットをもらう

専門学校 東洋公衆衛生学院 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3376-8511(教務広報課)  
E-mail
koho@toyo-college.jp  
URL
http://www.toyo-college.jp/  

診療放射線技術学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:74名
  • 年限:3年

診療放射線技術学科

■学習への取り組み易さにこだわった環境!!
本校の特色として、学業一般における学生の自主的な取り組みを尊重する方針が挙げられます。毎朝9時から夕方4時までの授業はもちろんのこと、早朝・放課後における時間外学習や実習室での撮影練習など日々の努力を推奨しています。こうした講義以外の時間帯でも学生指導に当たる教員の姿がよく見受けられるのも本校ならではの校風と言えます。また、医療機器製造施設への見学や学会への参加などの課外活動を通じて、将来を見据えた視野の広い人材の育成を図っています。

■国家試験の合格率は過去10年間で6回100%達成!!
専門学校の特徴の一つに大学よりも短い3年間で国家資格を取得することがあります。特に、本校は1年次より学生に対して高い学習意欲と学習の習慣化とを定着させるようにカリキュラムを組んでいます。そのため、段階的に専門性の増す診療放射線技師の学習内容にも必然と学生の理解が追いついていきます。国家試験の対策においては、学生一人ひとりの学習到達度に応じた個別の指導方針に基づいて学習を促し、全員合格を目標に取り組んでいます。

■物理・化学・数学は必須となります!!
近年、理系科目に不安を抱える学生が全国的に目立っています。診療放射線技師の学習においては、放射線の仕組みを理解する上でも物理や化学は重要で、数学に関しても対数計算や微積分などのある一定以上の理解が求められています。本校では、1年次より高等学校学習指導要領に立ち返り、基礎学力の確認のための授業を設けています。学習到達度に応じた課題・補講など学生の理解度の向上に努めています。

■放射線を扱うことの意義を理解しよう!!
診療放射線技師の仕事は、医師の指示の下で人体に放射線を照射することです。人間の身体にとって放射線は必ずしも良い結果だけを招くものではありません。むしろ、大抵の患者さんにとって放射線とは未知のものであり、恐ろしいものと考えている方ですらいらっしゃいます。安全に医療行為を行うことはもちろん、安心して患者さんが身体を任せられる環境を作ることも、診療放射線技師に課せられた責務です。本校の授業は講義においても実習においても医療現場での人と人とのつながりを意識した実践的な内容となっており、2年次および3年次に合計3ヶ月の病院実習を取り入れ、診療放射線技師に必要な姿勢を身につけています。

卒業後の進路

平成27年卒の進路状況(抜粋)

■大学病院
東京医科大学八王子医療センター、聖マリアンンア医科大学病院、埼玉医科大学病院、昭和大学横浜市北部病院、東海大学医学部付属病院 他

■公立・公的病院
都立神経病院、都立大塚病院、都立多摩総合医療センター、岩手県医療局職員、がん研有明病院
東京都保健医療公社大久保病院、東京都保健医療公社東部地域病院、東京警察病院 他

■民間病院
武蔵野徳洲会病院、板橋中央総合病院、久我山病院、江戸川病院、大原綜合病院、立川総合病院、千葉西総合病院、新松戸中央総合病院、千葉中央メディカルセンター、山王病院、菊名記念病院、海老名総合病院、横浜旭中央総合病院、川崎幸病院、牧野記念病院、三郷中央総合病院 他

□進学(編入学)
金沢大学医薬保健学域保健学類放射線技術学専攻3年次編入、新潟大学医学部保健学科放射線技術科学専攻3年次編入、北里大学医療衛生学部医療工学科診療放射線技術科学専攻4年次編入(3名)、岡山大学医学部保健学科放射線技術学専攻3年次編入

めざせる資格・検定

診療放射線技師 放射線取扱主任者

専門学校 東洋公衆衛生学院 診療放射線技術学科のトップへ

注目のカリキュラム

より高度な専門性を追求した実践的カリキュラム!!

注目のカリキュラム
 本校の教育目標に、高度な専門知識と技術の確立があります。そのため、平素から学生の基礎学力を向上させるためのカリキュラムを組んでいます。例えば、実習後に課せられるレポートでは教科書でかじった程度の通り一遍の知識だけではなく、自身の頭で考え実習の目的と結果との間に生じる差異についてまで理解を深めるよう指導しています。
 また、2011年5月に導入した新型のマルチスライスCTや、その撮影した画像を3Dで処理するソフトウェア「オザイリクス」など、実際に医療現場で使用されている機器を学習に取り入れています。学内では当然のことながら人体への被ばくを避けるために徹底した安全管理の下で実習が行われ、撮影も医療用人体模型(ファントム)を使用しながらも実際の医療現場を意識した環境下で撮影技術の向上に努めています。

専門学校 東洋公衆衛生学院 診療放射線技術学科のトップへ

学費

2016年度

入学金 200,000円
卒業までの総学費 4,100,000円  〜  4,150,000円
学費について 入学金(初年度のみ) 20万円
授業料(3年間共通)  70万円 ※前期35万円、後期35万円
実習費(3年間共通)  50万円 ※前期25万円、後期25万円
学友会費(3年間共通) 5千円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 合  計     140万5千円 (2、3年次は120万5千円)

※その他の必要経費として毎年、教科書代などが発生します。
 金額は約10万円/年です。(3年間合計で30万円)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【入学手続き】 80万5千円
 入学金+前期授業料+前期実習費+学友会費
 (入学手続きは入学試験合格後に必要となりますのでご注意ください)

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

専門学校 東洋公衆衛生学院 診療放射線技術学科のトップへ

専門学校 東洋公衆衛生学院に興味を持ったらパンフレットをもらおう
専門学校 東洋公衆衛生学院のパンフをもらう