東京製菓学校 第2部パン専科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京製菓学校

パンフレットをもらう

東京製菓学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-80-7172(入学課)  
E-mail
info@tokyoseika.ac.jp  
URL
http://www.tokyoseika.ac.jp  

第2部パン専科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 募集定員:40名
  • 年限:2年

失敗をデータとして分析。製パン実験からはじまる実習。

配合がシンプルだからこそ、ごまかしや手抜きが効かないのがパンの難しいところ。
そこで本学科では全授業の約90%を実習に充てて、週3日、2年間かけてパンだけに集中した授業を展開しています。
さまざまな材料で製法をいろいろと変えて、あえて失敗することでデータを分析し、どうしてパンは膨らむんだろうという根本的な疑問から解決していきます。
理論を公式的に覚えるのではなく、さまざまな失敗の経験から本物の技術を修得。
年齢も経歴も動機もさまざまですが、パン技術者になりたいという高いモチベーションは常に同じ方向を向いています。

卒業後の進路

クーロンヌジャポン、デイジイ、サンメリー、浦和ロイヤルパインズホテル、ミリアルリゾートホテルズ、ピーターパン、東京ベイ舞浜ホテル、明治堂、リュスティック、ルチア、ドゥースフランス、浅野屋、マイ、ラ・セゾン、銀座木村家、シェ松尾、ドンク、アンデルセン、アンテンドゥ、ラ・テール、マンダリン・オリエンタル東京、日本製粉、セルリアンタワー東急ホテル、帝国ホテル、プリンスホテル、モンタボー、グランドハイアット東京、パスコ、ポンパドウル、ポンパドウル、ブーランジェリー・メゾンユキ、ビゴ東京など

めざせる資格・検定

製菓衛生師 パン製造技能士

東京製菓学校 第2部パン専科のトップへ

注目のカリキュラム

しっかりとした基礎があるから取り組める天然酵母を使ったパン実習

注目のカリキュラム
すっかり認知度は上がり、独特のもっちりした食感が人気の天然酵母のパン。
湿度管理やph管理が重要となり、イースト菌を用いてつくられた通常のパンよりも発酵時間が長く、酵母の育て方によってパンの膨らみ方も変化するなど、生地の扱いが難しいパンです。
しかし、本校では、発酵の本質や神秘性を知る意味でも欠かせない教材と考え、天然酵母を使ったパンも積極的に授業に取り入れています。
約2週間かけてフルーツからつくったオリジナル酵母菌を育て、製パン作業まで一貫して学習します。
また、天然酵母のパンの難しさを知り、さまざまなパンの特性を学ぶことで、通常のパンより早く修得できるというメリットもあります。
この授業を行う前と後では、技術力と知識の違いを実感できるはずです。

東京製菓学校 第2部パン専科のトップへ

学費

2016年度予定

入学金 180,000円
卒業までの総学費 1,919,080円
学費について ※上記学費は総額となります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東京製菓学校 第2部パン専科のトップへ

東京製菓学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京製菓学校のパンフをもらう