東京製菓学校 第1部パン本科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京製菓学校

パンフレットをもらう

東京製菓学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-80-7172(入学課)  
E-mail
info@tokyoseika.ac.jp  
URL
http://www.tokyoseika.ac.jp  

第1部パン本科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 募集定員:40名
  • 年限:2年

つくることでしか修得できないパンづくりの技術。豊富な授業時間の中で経験を得る。

世界でもトップクラスだと言われている日本の製パンの技術。
変化に富んだ日本の気候の中で培った繊細な技術は世界で通用する確かなチカラとなります。
材料の配合、入れるタイミング、発酵や焼成などを理屈ではなく身体で理解するためには、繰り返しつくることが一番の近道です。
それらを教師がただ教えるのではなく、学生自らが失敗得る学びを経験することでその理由を考える。
自らが手を動かし、悩み、パンと向き合う。
本学科ではパンだけに特化した授業を2年間かけて2600時間もこなします。
そのうち実習時間が2100時間。
圧倒的な実習時間でパンのすべてを網羅します。
さまざまな条件でパンをつくり、たくさんの失敗を経験する。
そこで、あらゆるデータを収集し、製パン技術の土台を固めていく。
本校自慢の石窯で実習や自家製天然酵母の授業なども積極的に取り入れ、どんな場面であっても100%実力を出せるプロを輩出していきます。

卒業後の進路

クーロンヌジャポン、デイジイ、サンメリー、浦和ロイヤルパインズホテル、ミリアルリゾートホテルズ、ピーターパン、東京ベイ舞浜ホテル、明治堂、リュスティック、ルチア、ドゥースフランス、浅野屋、マイ、ラ・セゾン、銀座木村家、シェ松尾、ドンク、アンデルセン、アンテンドゥ、ラ・テール、マンダリン・オリエンタル東京、日本製粉、セルリアンタワー東急ホテル、帝国ホテル、プリンスホテル、モンタボー、グランドハイアット東京、パスコ、ポンパドウル、ポンパドウル、ブーランジェリー・メゾンユキ、ビゴ東京など

めざせる資格・検定

製菓衛生師 パン製造技能士
食品衛生責任者  

東京製菓学校 第1部パン本科のトップへ

注目のカリキュラム

「ドイツ研修」で養う本場の製パン技術

注目のカリキュラム
2年次の5〜6月頃には、ドイツへの「研修旅行」があります。約1週間の滞在期間には、現地の製パン学校でマイスターによる授業を受けたり、現地のパン屋さんをのぞいたり、道具街を巡ったりすることができます。本場の製パン技術に触れるだけでなく、ドイツの食文化の中に深く密接に根付いているパンの世界を、直接自分の目で見て確かめることにより、国際的な視野と幅広い教養を養います。普段できない貴重な経験を積むことで、製パン技術者としての感性をより一層研ぎ澄ますことができます。

東京製菓学校 第1部パン本科のトップへ

学費

入学金 360,000円
卒業までの総学費 3,641,190円
学費について ※上記学費は総額となります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東京製菓学校 第1部パン本科のトップへ

東京製菓学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京製菓学校のパンフをもらう