東京製菓学校 第1部和菓子本科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京製菓学校

パンフレットをもらう

東京製菓学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-80-7172(入学課)  
E-mail
info@tokyoseika.ac.jp  
URL
http://www.tokyoseika.ac.jp  

第1部和菓子本科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 募集定員:40名
  • 年限:2年

和菓子だけを2年間でたくさんつくる。2348時間におよぶ実習時間が自信を与えてくれます。

和菓子の世界では「塩梅(あんばい)」という言葉をよく使います。
この「塩梅」は味加減と具合・状態という意味の言葉。
味・硬さ・色・香りなど、身体の五感をすべて使ってこの「塩梅」の感覚を向上させることが和菓子技術者には大切なこととなります。
どうしてこのタイミングなのか、なぜそのようにしなければならないのかなど、一つひとつの作業の中で理由を確認しながら実習を進めていき、自分なりの「塩梅」の感覚を育てていくのです。
和菓子つくりの理論を公式として頭で覚えるのではなく、すべてを実習の中で体得することが、より確かな技術を身につける近道です。本学科ではそんな和菓子つくりだけを2年間こなし、2880時間という豊富な授業時間のうち2348時間も実習に充てるという濃密なカリキュラムが用意されています。
自分の手でたくさんつくり基礎を身につけ、同時に広い視野をもって新しいことも積極的に取り組む。
本校はそんな新世代のプロを育てていきます。

卒業後の進路

菓房はら山、浦和花見、梅月堂、大門岡埜、銀座甘楽、北辰たちばなや、空也、森八、大吾、仙太郎、
高円、虎屋、ちもと、塩野、成城風月堂、三原堂、ささま、芳光、源吉兆庵、福一、京山、ほのか、扇屋、
磯崎家宗庵、米屋、清月堂、榮久堂、蜜屋、喜田家、正庵、黒光庵、埼玉屋小梅、つる瀬、さか昭、雅庵など

めざせる資格・検定

製菓衛生師 菓子製造技能士(洋菓子・和菓子)
食品衛生責任者  

東京製菓学校 第1部和菓子本科のトップへ

注目のカリキュラム

京都・丹波での大納言収穫体験

注目のカリキュラム
「豆」は和菓子づくりには欠かせないものです。
そこで、本校では大納言、小豆、隠元豆、など毎日の授業で使っている素材が、実際にどのように育まれ、収穫しているかを自ら体験するカリキュラムを構成しております。
大納言の有名な産地である京都・丹波で、4日間に渡り現地の生産者の方にお世話になります。
現場で働いている方の生の声に触れその厳しさを経験し、和菓子つくりに携われる感謝の気持ちと、その素材を使用できる喜びを感じられる貴重な経験となります。

東京製菓学校 第1部和菓子本科のトップへ

学費

2016年度予定

入学金 360,000円
卒業までの総学費 3,873,270円
学費について ※上記学費は総額となっております

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東京製菓学校 第1部和菓子本科のトップへ

東京製菓学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京製菓学校のパンフをもらう