東京コミュニケーションアート専門学校 海洋ワールド(2年制:エコ・コミュニケーション科) 水族館・水生生物管理専攻の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京コミュニケーションアート専門学校

パンフレットをもらう

東京コミュニケーションアート専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-532-303(入学事務局)  
E-mail
tcainfo@tca.ac.jp  
URL
http://www.tca.ac.jp  

水族館・水生生物管理専攻の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:エコ・コミュニケーション科 総定員数 440名
  • 年限:2年

TCAだから出来る海洋生物保護スタッフになるための4つのポイント

●全国各地のフィールドや水族館で現場力を身につけます。
全国のマリンフィールドや水族館が実習地です。調査・保護などさまざまな分野のプロから学ぶことで技術や知識を身に付けます。

●多くの資格を取得して分野を広げる。
PADI・オープン・ウォーター・ダイバー、潜水士、小型船舶操縦士1級・2級などさまざまな資格を取得し専門分野を広げます。

●さまざまな海洋生物について学べます。
イルカやクジラなどの海洋哺乳類から、エビやカニなどの甲殻類、そして魚類などまで、生態や行動などを学びます。

●海洋生物のプロフェッショナルから多くを学ぶ!
業界で活躍をしている海洋研究所所長や水族館の元館長の先生方から、現場で必要な知識や技術を学べます。

卒業後の進路

【目指せる職場】
・水族館
・海洋生物調査関連施設
・ホエールウォッチング施設
・ダイビングショップ
・自然学校 他

【目指せる仕事】
・水族館飼育員
・ホエールウォッチングガイド
・ネイチャーガイド
・海洋生物調査員
・ドルフィントレーナー
・ドルフィンスイムガイド
・自然学校スタッフ
・ダイビングインストラクター 他

めざせる資格・検定

潜水士 PACIエコツアーガイド
小型船舶操縦士 JESC認定コミュニケーションスキルアップ検定
PADI・オープン・ウォーター・ダイバー プロジェクトWETエデュケーター

東京コミュニケーションアート専門学校 水族館・水生生物管理専攻のトップへ

注目のカリキュラム

たくさんの実習から将来のシゴトが見える

注目のカリキュラム
たくさんの実習を通して、現場でプロの「技術」「知識」「心構え」を学びます。

■スクーバーダイビング実習
たくさんのインストラクターが優しくしっかりと指導をしてくれるので、ダイビングライセンスも取得できます。

■海洋フィールド実習
川や海などの棲息する生き物の採集などを通じて、生物の生態について学びます。

■水族館見学実習
水族館の現場で必要とされる知識や技術、生物についても学びます。

■水槽管理演習
水槽を管理する上で必要な器具や用品の使い方を実践的に学びます。

東京コミュニケーションアート専門学校 水族館・水生生物管理専攻のトップへ

学費

2018年度予定

入学金 100,000円
卒業までの総学費 3,021,600円
学費について 教本費、教材費、海外研修積立金、健康管理費、卒業関連費(卒業年次)は別途必要となります。

*詳細は学生募集要項をご覧ください。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東京コミュニケーションアート専門学校 水族館・水生生物管理専攻のトップへ

東京コミュニケーションアート専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京コミュニケーションアート専門学校のパンフをもらう