東京工学院専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京工学院専門学校

パンフレットをもらう

東京工学院専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-634-200  
E-mail
info@technos.ac.jp  
URL
http://www.technos.ac.jp  

先輩の声

専門的なことを学び、ライブの見方が変わった!

原田 麻穂 さん / コンサート・イベント科 ステージ制作コース / 福島県立いわき総合高等学校卒業

先輩

高校生の時に演劇部に所属していて、大道具などのもの作りにはまりました。ライブに行くことも好きで、野外フェスのステージに感動し、自分の手で何か創り上げたいと思うようになりました。

東京工学院には、「MUSAKO FEST」というコンサートスタッフの体験ができる3日連続のスペシャル体験入学に参加し、舞台の設営を在校生の方々が手際よくこなしているのを見て、自分もやりたいと思い入学しました。

コンサート・イベント科は3つのコースに分かれていますが、1年生のうちはコースに関係なく、コンサートやイベントに関する専門的なことを学びます。ステージ制作コースだからといって、ステージ設営や特殊効果を学ぶだけではなく、音響や照明のことも学びます。ほとんどの授業が実際の現場で仕事をしている現役の講師の方に教えていただけるので、体験談や現実の厳しさを知ることができます。専門的なことを学んでいくと、ライブなどに行った時のステージの見方が変わり、別の楽しみ方ができるようになりました。

東京工学院の良さは、少人数制で講師の方とも距離が近く、親身に教えてくれるところ。現場で活躍している卒業生もよく遊びに来て在校生と話をしていただけるので、自分の甘さや逃げ癖をたたき直されたり、たくさんを刺激を受けます。

将来は、演劇やライブの美術系の仕事につきたいと思っているので、しっかり学んで自分の夢を叶えていきたいです。

(掲載年度:2016年度)

校内に学生が運営するスポーツクラブがあり、実践の中で学べる!

仲摩 大樹 さん / スポーツビジネス科 トレーナー・フィットネスコース / 私立日本学園高等学校卒業

先輩

東京工学院のスポーツビジネス科に入学した理由は、校内の施設を利用して学生主体で運営している「テクノスポーツクラブ」というスポーツクラブがあること。将来、スポーツトレーナーを目指しているので、将来に向けた良い経験が積めると思ったからです。

「テクノスポーツクラブ」では、子どもたちに水泳やサッカーを教えています。会費をいただいて運営しているので、子どもたちへの指導だけではなく、集客のための広報だったり、会計・経理、イベント企画、接客応対など、実際のスポーツクラブと同様の仕事をこなします。そして、さまざまな問題も発生します。それは一度に複数の問題が起こることもあり、臨機応変に対応する能力も磨かれていると思います。

実習以外でも「トレーニング科学」という授業は好きな授業の一つです。トレーニングする上で、その土台となる体の筋肉や骨格の知識も重要なので、しっかりと勉強しています。また、海外姉妹校でもあるスポーツの本場アメリカのホープ大学へのアスレティックトレーナー研修にも参加し、最先端のスポーツ科学に触れられたことも貴重な経験になりました。

貴重な経験がいろいろできる東京工学院はスポーツ業界で働きたい人にはおススメの学校です! ぜひ一度体験入学に遊びに来てください!

(掲載年度:2016年度)

歴史や時代を超えた建物を自分も造ってみたい!

福井 葵 さん / 建築学科 / 青森県立青森南高等学校卒業

先輩

幼い頃から建物が好きで、興味を持っていました。高校生の時に実家を新築する際に、建築の現場を目の当たりにして、建築について学び、将来的に関わっていきたいという強い気持ちが芽生えました。海外や日本には、昔から長く残っている歴史や時代を超えた建物が多く存在します。それらの建物を調べてみて、将来、自分の造った建築作品が後世にも残っていくことは素晴らしいと感じ、私もそんな仕事をしたいと思いました。

東京工学院は、実習室が充実していたり、建築CADの授業もあり、実践的なカリキュラムが良いと思いました。全ての授業が将来役立つと考えていますが、二級建築士の資格をとるために、「構造力学」や「建築設備」、「製図」の授業を特に頑張っています。専門的な知識を学ぶことによって、自分自身の変化も出てきました。ショールームに行ったり、建築関係の展示を積極的に見に行くようになりました。授業でも有名な建築物を見に行くこともあり、建築がさらに好きになりました。

クラスメイトには、女子は少ないけれど、先生は女性の方も多く、いろいろ相談もしやすいです。1年次から専門的な勉強が多くでき、2年生に上がる時にコース変更も可能です。2年間で二級建築士の受験資格が取得できます。その後、1年課程の研究科に進学して、在学中に資格を取得することも可能なので、本当におススメできる学校だと思います。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京工学院専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

自分の未来を切り開こう!

笹 茂夫 先生

先生

私たちは当たり前のように毎日の生活の中で、携帯電話やパソコンを使ったり、テレビを見たり、電車やエレベータに乗ったりしていますが、そこには電気や電子のミステリアスで魅力的な理論や園応用が隠されています。その原理や仕組みを知ることができればさまざまな物に対する見方が変わり、世の中がさらに魅力的に感じられることと思います。

学校では実験や実習を通して電気電子の世界を体験し座学でさらに深く理解することができます。また、この分野は多数の資格があります。取得できればその人の一生を支えることのできるものもあります。電気電子に少しでも興味がある方は是非今の気持ちを大切にして電気電子技術者を目指して学んでほしいと思います。皆さんをサポートいたします。

(掲載年度:2016年度)

音楽を楽しみ、音楽で楽しませる!

桂 まなぶ 先生

先生

「あの曲が弾きたい」「もっと大勢の人の前で歌いたい」「プロデビューしたい」
音楽をやっている人なら大きさやカタチは違っても必ず今より高い目標や夢・希望があるはずです。
それらを叶えるにはどうすれば良いのでしょう? 

大事な事が2つあります。
1つめは本当に音楽が好きな事。2つめは努力する事。
その努力を僕たちがサポートします!
音楽という専門分野での技術や知識を身につける事は簡単ではありませんが、
その努力を続ければ自分がより音楽を楽しむ事も、他人を音楽で感動させる事もできるでしょう。
もちろん音楽を職業とする事も!

プロであれアマチュアであれ、より高い目標に向かって努力し音楽を創り続ける…。
ミュージシャンって、大変だけどメチャクチャ楽しいですよ!

【プロフィール】
セッションべーシストとして、『辛島 美登里』『柳 ジョージ』『John-Hoon』『石井 竜也』
『ジェニファー』など、多数のアーティストのライヴやレコーディングに参加。

(掲載年度:2016年度)

保健体育教員を目指しましょう!

井上 一輝 先生

先生

東京工学院専門学校では、中学校・高等学校の保健体育の教員免許(中学校・高等学校教諭1種免許)が取得できるシステムがあります。スポーツビジネス科の2年間でスポーツ指導やトレーニング科学など実践的なことを学んだ後、4年課程の教育専攻科に3年次編入すると同時に、星槎大学の通信教育課程を学ぶことで教員免許を取得できます。

生徒たちに親しまれる体育教員は、スポーツの実技を指導するだけではなく、心身の健康を目的とした幅広い知識が要求されます。体のしくみについて正しい指導を行い、ケガなどのアクシデントにあった時、応急処置法を行えるよう指導するなど、スポーツ・体育の周辺にある知識も兼ね備える必要があります。

また、体育教員は部活動の顧問として、学校の運動部をけん引する役割もあります。その場合、体育の授業とはちがった『部活動のまとめ役』として期待されます。普段からスポーツに関する情報を持ち指導に備える心構えが重要になります。

体を動かすことが好き、まとめ役になることが多い、トレーニング・健康管理・身体のしくみなどに興味・関心がある学生は、是非教員を目指す一歩として一緒に勉強しましょう。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京工学院専門学校の先輩・先生情報トップへ

東京工学院専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京工学院専門学校のパンフをもらう