東京エアトラベル・ホテル専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京エアトラベル・ホテル専門学校

パンフレットをもらう

東京エアトラベル・ホテル専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-634-300  
E-mail
info@technos.ac.jp  
URL
http://www.technos.ac.jp  

先輩の声

厳しいですが、将来役に立つことばかり!

後藤 美実 さん / エアライン科 / 青森県立八戸北高等学校出身

先輩

私は客室乗務員になることを目標にエアトラに入学しました。体験入学に参加した際に、在校生の方や先生方に温かみを感じたことと、正直に「うちは厳しいですよ」と話してくださったことで、そういう環境で勉強したいと思ったからです。

大学と違い1クラスの人数が少ないため、先生が一人ひとりをしっかり見てくれます。わからないことがあれば、すぐに質問できるので、わからないまま次に進むことがないので助かります。客室乗務員になるには語学力も必要になってきますが、ネイティブの先生から実際に使える英語を学べるため将来に役立つと感じています。課題も毎日のように出るので大変ですが、それらをしっかりこなしていくことで、いつの間にか実力が上がっている感じがします。

また、勉強以外でも厳しいところがあります。遅刻や欠席の時の対応や“報告”“連絡”“相談”の徹底、ことば遣い、身だしなみなど、社会人としての基礎を身につけ、信頼される人間になるための行動が当たり前にできるように教えてくださいます。

学校生活は厳しいと思うかもしれませんが、エアトラで学ぶこと全てが将来役立つことばかりです。先生方は厳しくも優しく、クラスメイトも同じ目標を持つ仲間ばかりなので、お互い高めあいながら勉強でき、とても充実した毎日を送っています。本当にエアトラに入学して良かったと思っています。

(掲載年度:2016年度)

人生で一番幸せな日のお手伝いをするために.

阿久津 萌 さん / ブライダル科 / 東京都立府中高等学校出身

先輩

小さい頃に親戚の結婚式に参加して、花嫁さんのドレス姿に感激し、ドレスに関わるドレススタイリストの仕事がしたいと思うようになりました。エアトラに入学を決めたのは、体験入学に参加した際に先生方や在校生の先輩方を含め、学校全体の雰囲気が明るく、楽しかったので、何回もエアトラの体験入学に参加するようになりました。その中で、いろいろとエアトラのことがわかり、就職活動の際にも手厚い指導が受けられることも知り、入学を決めました。

入学して良かったところは、語学力を伸ばすことができること。将来、いろいろな方に対して接客できるように英語のほかにも中国語も学ぶことができます。また、行事が多いためクラスメイトとの団結力や自分にできることは何かを考えて行動する力を身につけることができるようになったと思います。これはエアトラに入学したからこそだと思います。

好きな授業は「演出論」と「ホスピタリティ」です。「演出論」では、ブライダルの最前線で現役で活躍されている講師の方から、最新の流行や傾向など「今」のウェディングについて学べます。「ホスピタリティ」は、仕事において必要なマナーや立ち居振る舞いを身につけることができるので、将来すごく役立つと思います。

エアトラでは、専門的な知識だけでなく、語学力やことば遣い、立ち居振る舞いなどを身につけることができます。将来の夢に向かって真剣に学びたい人にとって、エアトラは理想的な環境だと思いますし、おススメできる学校です!

(掲載年度:2016年度)

エアトラで培った努力する姿勢を基盤に、成長を心がける毎日

澁谷 真子 さん / 英語キャリア科 / JALスカイ 勤務 2013年卒業

先輩

小さい頃に空港で生き生きと働くグランドスタッフの姿を見て、憧れを持ったのが今の仕事に就くきっかけです。様々な国の人々が行きかう空港という場所に魅力を感じ、そこで働きたいと思うようになりました。

やりがいを感じる瞬間は、お客さまから「ありがとう」と直接お声をかけていただいた時です。以前、搭乗便の出発時間を間違えて空港にいらっしゃったお客さまがいらして、一瞬どうしようと考えたのですが、先輩と一緒に精一杯考えて、応対し、結果無事にご出発された時に、お客さまから本当に感謝され、感謝の言葉をいただきました。その言葉をいただけると、次も頑張ろうとやる気が出ます。

エアトラでは、少人数クラスで先生との距離が近く、語学力や資格取得の勉強を頑張りました。私の人生の中で一番勉強した2年間だと思います。グランドスタッフに必要な「AXESS実用検定」の勉強も大変でしたが、学生時代に取得したことで今の仕事に役立っていますし、エアトラ時代に身につけた努力する姿勢や前向きな考え方なども社会人としての基盤になっています。

現在はファーストクラスのお客さま専用のカウンターで、搭乗手続きやご案内を担当していますが、より質の高いサービスをご提供できるように、エアトラで培った向上心を活かしながら成長を心がける毎日です。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京エアトラベル・ホテル専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

欧米人が使っている「今」の自然な英語を教えています

Matt Rollo(マット・ロロ) 先生 / 英語キャリア科

先生

最近では日本でも、社内の公用語が英語の企業が出てきたり、仕事上で海外との取引や海外のお客様への対応など、あらゆる場面で英語力は求められてきています。とはいっても英語が話せればそれでいいかというと、そうではありません。本当の意味でグローバルな人材になるためには、世界の情勢や文化の違い、欧米人の考え方などを知り、英語でコミュニケーションをとる必要があると思います。日本の常識は世界の常識ではない場合がたくさんあります。

授業では、特に日本人が苦手と感じている「積極的に話す」能力を鍛えられるよう指導しています。様々なトピックスやテーマでディスカッションし、自分の意見を話す癖をつけます。英語に関しても、現代の欧米人が日常的に使用している言い回しや話し方が身につくよう配慮しています。

私は音楽が好きなので、発音やイントネーションを教える際に音楽を使います。日本語はあまり抑揚がありませんが、英語はイントネーションや抑揚がとても大事な言語です。そこで音楽を使ってイントネーションをメロディとして覚えてしまうのが効果的です。

もちろん、英会話力を身につけてもそれを証明できなければ意味がありませんので、世界的に通用する英語能力テスト「TOEICテスト」の授業もあります。勉強は確かに大変かもしれませんが、努力した分スキルアップできるのも事実です。学生は1年でTOEICスコアが150点アップ、2年で300点アップする学生もいます。

英語が話せるようになりたいなら、自分から積極的に質問したり、話したりすることが上達のコツです。私たちは授業以外でも学生たちとコミュニケーションを図っています。恥ずかしがらずに私たちと話をしましょう! 

(掲載年度:2016年度)

鉄道好きどうし、のびのび楽しく学びましょう!

辻阪 昭浩 先生 / 鉄道交通科

先生

私自身も、鉄道写真を撮影したり、運賃料金研究をしており、休みの日は電車に乗って全国の史跡を巡ったりする大の鉄道マニア。

ただ、私の授業は「マニアによるマニアのための授業」というわけではありません。卒業後、学生たちが大好きな鉄道に関する仕事に就けるように、鉄道業界、旅行業界の現状や路線に関する知識、鉄道の歴史、列車ダイヤ・運賃料金・特急急行列車など、幅広く一般的な鉄道知識を伝えるようにしています。

授業は基本的に対話形式で行っています。長年鉄道愛好家として活動してきた学生も多いですから、時には私のほうが最新の路線情報などを教えてもらうこともありますね。

偏った鉄道マニアにならないよう、広く一般的な鉄道に対する知識を持った人こそが、将来の鉄道マンとして歓迎されます。

鉄道愛好家は国内地理に強く、旅行業務にも明るい人が多いものです。それを趣味で終わらせるのはもったいない! 国家試験の国内・総合旅行業務取扱管理者の資格を取得し、旅行業界や鉄道業界のプロを目指してみませんか?

鉄道が好きな者どうし、一緒にのびのびと勉強しながら、将来につながる授業にしていきたいと考えています。

(掲載年度:2016年度)

「気づき」を通じて成長して欲しい!

式場 朝夫 先生 / ホテル科

先生

ホテル業務では、判断力や対応力が問われるシーンに数多く直面します。ホテルスタッフを目指すに皆さんには、学生生活の中で、自分で考え積極的に行動する姿勢を身につけていただきたいと思っています。そのため「教える」のではなく「考えさせる」ことに重点を置き、「気づき」を通じて成長させることを目的とした指導を行なっています。

「できるだけ多くのことを吸収しよう」という気持ちでスキルと人間性を磨いていただければ嬉しいです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京エアトラベル・ホテル専門学校の先輩・先生情報トップへ

東京エアトラベル・ホテル専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京エアトラベル・ホテル専門学校のパンフをもらう