埼玉東萌短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

埼玉県 私立短期大学

埼玉東萌短期大学

パンフレットをもらう

埼玉東萌短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
048-987-2345(入試広報課)  
E-mail
koho@saitamatoho.jp  
URL
http://www.saitamatoho.jp  

先輩の声

子どもの個性に合わせた保育を目指して

中原 利紗 さん / 幼児保育学科 / コビープリスクールさくらのさと勤務 幼児保育学科2014年度卒業

先輩

保育実習では、0歳児から3歳児を1日ずつ経験した後、主に4歳児クラスを担当。年齢別の保育だけでなく、一人ひとりの個性に合った援助法を身につけたいと思い、子どもたちと積極的にかかわるように心がけていました。オリジナル手遊びやパネルシアターなど、学んだことが実際に現場で役立ちます。なかでも役立ったのは「造形」の授業。改良に改良を重ねてつくったおもちゃを楽しんでくれたときは、とても嬉しかったです。また今回の実習を通して、教育要素の強い幼稚園よりも、生活習慣にかかわる保育園の方が合っていることを確信。卒業後は実習先の保育園に就職が決まりました。笑顔を絶やさず、どんな状況にも臨機応変に対応できる保育士が目標です。
(このインタビューは在学中にいただいたものです。)

(掲載年度:2016年度)

先生方も、先輩も、優しい方ばかり 楽しいだけじゃなく、真剣に学べる環境です

山田 沙織 さん / 幼児保育学科 / 埼玉県立春日部女子高等学校 幼児保育学科

先輩

短大か専門学校のどちらにするか迷っていましたが、初めて東萌の学校見学に訪れた時、キャンパスの落ち着いた雰囲気や、一般教養も学べることから入学を決めました。実際に入ってみると授業や友人関係など毎日が楽しく充実しています。お気に入りの授業は「保育原理」や「児童家庭福祉」。知らないことの方が多いことに気づき、自分の価値観や視野が大きく広がりました。実習で現場に出ると、先生から教えていただいたことの大切さを身をもって感じることができました。身についた知識が子どもを守ることにつながると実感しています。将来の目標は子どもの気持ちに寄り添い、穏やかで優しい先生になること。沙織先生に会うと元気がもらえると言われるようになりたいです。

(掲載年度:2016年度)

授業での学びを現場で実践することが新たな発見や、次の学びにつながりました

放上 嘉成 さん / 幼児保育学科 / 勤務先:東京都社会福祉事業団 卒業学科:幼児保育学科2014年度卒業

先輩

印象に残っている授業は「保育実習指導」。授業で学んだ子どもに対する支援の方法を、現場で実践することで得られるものはとても大きかったです。社会人として大切なマナーも身につけることができました。また、実習後に学内で行った振り返りで、友人たちと成果や課題を共有できたのも、新たな学びにつながりました。授業以外では、地域のお祭りやサッカークラブのボランティアに積極的に参加。卒業後の仕事に少しでも役立つよう、子どもたちと触れ合う経験を積んでおりました。

(掲載年度:2016年度)

▲ 埼玉東萌短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

造形活動を通じて子どもに表現力を身につけさせる

栗本浩二 先生 / 幼児保育学科

先生

図画工作は保育活動において表現領域に含まれます。子どもたちが行う絵画や工作、保育者が作る壁面絵画、パネルシアターなどの活動があり、これらは視覚と手や指先を使う幼児期の発達段階で大切な経験になります。講義と実際の制作を通して、色彩、絵画技法、イラストレーション描法など、造形への理解を深めてください。

(掲載年度:2016年度)

子どもの創造力を伸ばせる保育者に

落合知美 先生 / 幼児保育学科

先生

幼児教育者になるための音楽の基礎技能を楽しく学びます。楽譜の解釈や鍵盤楽器の伴奏、美しい声で歌うための方法など習得します。子どもと一緒に元気に歌い、伴奏をすることは、創造力を引き出す助けとなります。子どもたちの創造力を伸ばすことができるような、保育士・幼稚園教諭を目指してほしいです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 埼玉東萌短期大学の先輩・先生情報トップへ

埼玉東萌短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
埼玉東萌短期大学のパンフをもらう