国際メディカルテクノロジー専門学校 救急救命士科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

福島県 私立専門学校

国際メディカルテクノロジー専門学校

パンフレットをもらう

国際メディカルテクノロジー専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-160-956(入学相談室)  
E-mail
imedical@fsg.gr.jp  
URL
http://i-medical.jp  

救急救命士科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:40名
  • 年限:3年

救急救命士科

本科は、福島県内で唯一、救急救命士を目指せる学科で、東北地方の専門学校で唯一の3年課程の救急救命士養成学科です。
救急救命の現場や病院までの搬送中において、迅速かつ的確な救命措置を行う「救急救命士」を育成します。

救急車の年間出動件数は年々増加し、現在では年間500万件を超えています。関東圏や地方地自体などの地域に限らず、救急隊員の需要は常に高く、また、その中でもより高度な救命措置を行うことができる救急救命士の需要は非常に高まっています。

本科では、3年課程のメリットを最大限に活用し、1年次から国家試験対策授業や公務員試験対策授業を実施することで、より着実に救急救命士国家試験と公務員試験の合格を目指します。また、元救急隊長や消防職採用担当など豊富な現場経験を持つ講師による指導と、消防署でも導入されている高規格救急車を使用し、実際の救急現場を想定して行うシミュレーション実習などの実践カリキュラムにより、救急救命士の即戦力に求められる専門的な知識を技術を身に付けます。

卒業後の進路

消防署、自衛隊、海上保安庁 など

めざせる資格・検定

救急救命士  

国際メディカルテクノロジー専門学校 救急救命士科のトップへ

注目のカリキュラム

気管挿管実習

注目のカリキュラム
救急救命士が処置可能な特定行為の一つである気管挿管の方法を学びます。実際の救急救命の現場を想定し、負傷者の具体的な状態などをシミュレーションしながら行います。

国際メディカルテクノロジー専門学校 救急救命士科のトップへ

学費

2016年度

入学金 150,000円
卒業までの総学費 4,700,000円  〜  5,000,000円
学費について 授業料580,000円(年間)
施設設備費430,000円(年間)
施設維持費160,000円(年間)
別途、教材実習費

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

国際メディカルテクノロジー専門学校 救急救命士科のトップへ

国際メディカルテクノロジー専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
国際メディカルテクノロジー専門学校のパンフをもらう