仙台医療秘書福祉専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

宮城県 私立専門学校

仙台医療秘書福祉専門学校

パンフレットをもらう

仙台医療秘書福祉専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-379-350  
E-mail
info-sendai-med@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sendai-med/  

先輩の声

患者様が機能回復し、退院される姿を見るのが何よりのやりがいです。

泉田 裕哉 さん / 介護福祉科 / 公益財団法人宮城厚生協会 泉病院 勤務

先輩

●仕事内容/仕事のやりがい
私の勤務先は、介護が必要な患者様が病院から自宅へ戻れるよう、機能回復をめざしリハビリを行なっている病院。ここで、私は回復期病棟に所属し、介護士として患者様の身体的補助などを行なっています。具体的には、私が担当しているチームは寝たきりの患者様が多いので、食事や排泄介助などが中心になりますが、寝たきりでも立志を促すような介助を行なっています。また、患者様は投薬を受けている方がほとんどなので、薬の管理や、患者様の状態(麻痺のレベル)などに合せて、どういう支えが必要か、またどういう見守りが必要か、周りと相談しながら介護を実践しています。仕事をする上で心がけているのは、毎日明るく患者様と接すること。入院されている方は、痴呆症を患っている方も多いので、直接感謝の言葉をいただいたりすることはありませんが、機能が回復され、自宅へと戻って行く患者様を見送れる時は、うれしいし、この仕事に携わってよかったなと思います。

●仕事での嬉しいエピソード
嬉しかったエピソードは色々ありますが、特に印象に残っているのは、寝たきりだった患者様にリハビリや看護で立志を促し続けたことで、食堂まで自立歩行できるまで回復した姿を見れたことです。あの時は、本当にうれしかったです。

●今後の夢、挑戦したいこと
一人でも多くの患者様を退院させることが夢であり、目標です。そして、今は病院で介護を実践していますが、将来的にはここで身につけた知識や技術を介護施設で活かせていけたらいいなと思っています。

●同じ業界をめざす後輩へのアドバイス
大変な仕事だと思うかもしれませんが、多くの喜びやとてもやりがいのある職業です。現場に出ると学校で学んだこととの違いにとまどったり、実習では大変なことも経験すると思います。仕事の内容に比べて、お給料が安い!辞めたいと思うこともあるかもしれない。でも自分の手で患者様をしっかりケアし、一人でも多くの方が機能回復できた時の喜びは何にも代えられないくらい大きい。自分のやってきたことは間違いではなかったと思える時が必ず来るから、ぜひがんばって続けてほしいですね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 仙台医療秘書福祉専門学校の先輩・先生情報トップへ

仙台医療秘書福祉専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
仙台医療秘書福祉専門学校のパンフをもらう