北海道ハイテクノロジー専門学校 バイオテクノロジー学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立専門学校

北海道ハイテクノロジー専門学校

パンフレットをもらう

北海道ハイテクノロジー専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-8119-17  
E-mail
info@hht.ac.jp  
URL
http://www.hht.ac.jp  

バイオテクノロジー学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:30名
  • 年限:3年

バイオテクノロジー学科 (食品・医薬品専攻 /  遺伝子・先端医療専攻)

1年生前期で基礎を学び、後期から自分で専攻を選びます!
半年間、自分の興味をじっくり探って目指す将来を見つけることができます。

■すぐに現場で通用する実験力が身に付く!

<ポイント1> 全授業時間の40%以上が実習。実験技衛が確実に向上。
  業界ですぐに通じる技術を身につけるため、
  全授業時間に占める実習(実験)の割合は40%を超えます。
  一般的な理系大学よりもその割合は高く、バイオ業界で求められる、
  「すぐに通用する実験技術」を3年間で確実に身につけることが可能です。

<ポイント2> 国内最大級の公的研究機関で最先端の研究を学ぶ。
  「国立研究開発法人産業技術総合研究所」と連携しているので、外部研修を受けることができます。  高度な研究に触れることができ、技術者としてのモチベーションが高まります。
  一連の研究に関わることで身につく実験技術をはじめ、現場での実践力が培われます。

<ポイント3> 地域や企業と連携して楽しく学ぶ!
  恵庭市や地元農家、ペーカリーと連携した「ゆめちからプロジェクト」、
  小林製薬との協同研究など地域や企業とコラボレーションする学びの機会が豊富にあります。
  社会に対して自ら発信できる力が身につき、また、技術力を高めながら社会に貢献できます。

詳細はこちら⇒https://www.hht.ac.jp/department/biotechnology/

卒業後の進路

学科開設から28年、1,400名を超える卒業生がバイオ分野の技術者として働いています。
<2016年3月卒業生就職率:100%>

【目指す職業】
■DNA解析技術職 ■遺伝子組み換え技術職 ■基礎研究技術職 ■医薬品開発技術職 ■医薬品成分分析技術職 ■細胞培養技術職 ■医療品分析技術職 ■医療品開発技術職 ■医療品販売技術職 ■化粧品開発・分析技術職 ■化粧品品質管理技術職 ■化粧品販売技術職 ■食品開発技術職 ■食品分析技術職 ■食品管理技術職 ■醸造メーカー技術職 ■ワイナリー技術職 ■ワイン販売技術職 ■ワイナリー経営 ■環境コンサルタント ■環境研究技術職 ■環境分析技術職

めざせる資格・検定

危険物取扱者 公害防止管理者
バイオ技術者認定試験 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
毒物劇物取扱責任者 エックス線作業主任者
生物分類技能検定 有機溶剤作業主任者
eco検定(環境社会検定) 実験動物2級技術者

北海道ハイテクノロジー専門学校 バイオテクノロジー学科のトップへ

注目のカリキュラム

微生物学実習

注目のカリキュラム
食品検査の基本となる微生物を扱う実験の技術を身につけます。

北海道ハイテクノロジー専門学校 バイオテクノロジー学科のトップへ

学費

2018年度予定

入学金 100,000円
卒業までの総学費 3,380,000円
学費について 教科書・教材費、資格検定費、健康管理費・保険費用、同窓会費が別途必要です。

学費減免制度:AO特待生奨学金、兄弟姉妹・保護者特待生制度、単位減免制度、卒業生特待生制度
(対象になる条件がありますので、詳細は本校募集要項をご覧ください。)

資料のご請求は https://www.hht.ac.jp/request/ までお気軽にどうぞ!

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

北海道ハイテクノロジー専門学校 バイオテクノロジー学科のトップへ

北海道ハイテクノロジー専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
北海道ハイテクノロジー専門学校のパンフをもらう