大宮医療秘書専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

埼玉県 私立専門学校

大宮医療秘書専門学校

(平成28年4月大宮医療秘書福祉専門学校より校名変更)

パンフレットをもらう

大宮医療秘書専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0800-222-0038  
E-mail
info-omiya-med@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/omiya-med/  

先輩の声

さまざまな患者様のご相談にも乗れるような医療事務員になりたいと思っています。

内藤 彩香 さん / 医療秘書科 小児クラークコース / かしの木内科小児科クリニック 勤務

先輩

私が大宮医療秘書福祉専門学校に入学を決めた理由は、オープンキャンパスに行ったとき、先生と生徒の距離がとても近く、和気あいあいとした雰囲気に惹かれたからです。体験授業では、カルテを見ながら医事コンピュータで初めてレセプトを作成したのですが、とても操作が難しいと感じ、「自分に使いこなせるのかな・・・」と、不安になってしまいました。しかし、そんな私の様子を見た先生が「医事コンピューターを触ったことのある高校生なんていないよ!みんな一緒のスタートだから心配しないで」と、笑顔で励ましてくれたことで安心できましたね。
在学中に学んでよかったことは、ビジネスマナーの授業です。
在学中に医療現場におけるビジネスマナーを身につけられたからこそ、今の仕事で患者様や職場の先輩から、対応が丁寧で細やかだとお褒めの言葉を頂けているのだと思います。

現在は、地域に密着したクリニックで医療事務員として、受付業務、先生へのカルテ出しと内容の入力、検診や予防接種などの予約、会計などを行っています。小児科のあるクリニックなので、小さな子どももたくさん来院します。やはり病院を怖がる子が多く、泣きながら来院する子も少なくありません。泣き止んでもらうために、受付に飾ってあるぬいぐるみやブロックのおもちゃであやしたり、好きなアニメやキャラクターを聞いて、その話を聞いてあげたりしています。すると、次第に泣き顔からニコッと明るく元気な笑顔になってくれたときに、やりがいを感じますね。
私の働くクリニックには、子どもからご高齢の方まで、幅広い世代の患者様が来院されます。今後はさまざまな世代の患者様に悩みなどを相談してもらえるような、誰からも信頼される医療事務員を目指しています。しかし、プライベートなことまでは踏み込まれたくないという患者様もいると思うので、それぞれの患者様にとって適切な距離感を図りながら、良好な関係を築けていけたらと考えています。

(掲載年度:2016年度)

将来は患者様と一緒に働く職員の皆さんから信頼を寄せて頂けるような医療事務員になりたいです。

吉岡 舞 さん / 医療秘書科 病棟クラークコース / 吉川中央総合病院 勤務

先輩

自宅から通える範囲の専門学校を探しているときに見つけたのが、大宮医療秘書福祉専門学校でした。早速オープンキャンパスに行き、パソコンを使用した電子カルテの入力方法や、手話を教えてもらったりして、医療秘書の仕事の一部を体験することができました。先輩方は親切な方ばかりで、なかには実際に授業で使っている教材を見せてくれる先輩もいましたね。また、他の専門学校は「学校行事がなく授業のみ」というところも多かったのですが、本校は三幸フェスティバルなど、みんなで盛り上がれるイベントがたくさんあることにも魅力を感じましたね。
在学中に体験して、今とても役立っていることは2年生のときの病院実習ですね。病院実習とは一ヶ月間、自分で選択した病院で実際に現場スタッフの方々と働かせてもらうというものでした。実習中は、先輩スタッフの方々から「ご高齢の方とお話しするときは、言葉遣いに気をつけて不快な思いをさせないように」、「耳が不自由な患者様には、大きな声で」、「自分が行きたい科がどこにあるか迷っている患者様を見かけたら、一緒に付き添ってあげる」など、患者様をご案内するときの注意点をたくさん教えていただきました。病院での実習経験があったおかげで、実際に病院で働き始めたとき、ある程度落ち着いて業務に取り組むことができました。

現在は、総合病院で医療事務員として、受付や会計、カルテ出しなどを行っています。会計時に患者様へ「お大事に」と声をかけたり、患者様が分からないことを説明したときに、「ありがとう」と笑顔で感謝して頂けたときに、この仕事のやりがいを感じますね。しかし、入社したばかりということもあり、分からないことやミスをしてしまうこともありました。以前、受付業務が忙しかったときに、焦りから診察券を違う患者様へ返却してしまいました。忙しかったとはいえ、患者様にご迷惑をかけてしまったことをとても反省しました。それからは、どんなに忙しくても、必ず診察券のご返却時には、氏名をご本人様と一緒に確認してからお返しするようにしています。
今はまだ分からないことも多くて先輩方に頼ってばかりですが、将来は患者様にはもちろんのこと、一緒に働く職員の皆さんからも信頼を寄せて頂けるような医療事務員になりたいですね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 大宮医療秘書専門学校の先輩・先生情報トップへ

大宮医療秘書専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大宮医療秘書専門学校のパンフをもらう