第一幼児教育短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

鹿児島県 私立短期大学

第一幼児教育短期大学

パンフレットをもらう

第一幼児教育短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-472-072(入試事務室)  
E-mail
daiichi-youtan@tsuzuki-edu.ac.jp  
URL
http://jc.tsuzuki-edu.ac.jp/  

先輩の声

豊富な実習と就職率の良さが決め手。ピアノ初心者の私には一対一のレッスンがとても心強いです。

鈴木 香菜 さん / 鹿児島県鹿屋女子高等学校出身

先輩

 子供達とふれあえる実習の多さに魅力を感じ、本学を選びました。子供達と接することで、講義だけでは学ぶことが出来ない、実践力を身につけられると思ったからです。また、就職率100%という実績も決め手になりました。
 ピアノは、受験を決めた高校3年生の時から習い始めました。入学後は、本学でピアノ指導を受けていますが、一対一なのでわかりやすく、初心者にはとても心強い環境です。好きな専門科目は「音楽表現」体全体で楽しみながら音楽を表現できるところが魅力的です。
 目標は、常に元気で笑顔の絶えないパワーあふれる保育者になること。向上心を忘れず学んでいきたいと思います。

(掲載年度:2016年度)

見て、聞いて、体験して、子供達に信頼される先生に!

前野 加奈子 さん / 鹿児島県串良商業高等学校出身

先輩

 子供達との様々な遊びを行う中で、たくさんの気付きや発見を得られるのが実習だと思います。勉強といえども、保育の最前線でプロの仕事に携わるわけですから、この場でしか体験できないケースがたくさんありました。たとえば、たくさんの園児と同時に、しかも平等に接する難しさを感じたときなどは、実習先の先生方のアドバイスはもちろんですが、実際の立ち居振る舞いを目の前で見ることが出来てとても勉強になりました。
 小さな頃からの夢だった保育のプロになるために、今後の実習もたくさんのことを学び、信頼される先生になりたいと思います。

(掲載年度:2016年度)

専門性の高いカリキュラムが魅力、ここで学ぶ一日一日を大切に、前進できるよう努力しています。

入耒 彩華 さん / 鹿児島県国分中央高等学校出身

先輩

いつも笑顔で誰にでも信頼される保育士になりたい。その夢を叶えるために、豊富な実習と専門性の高い科目を学べる本学を志望しました。
入学後もここで学べることが嬉しく、授業や実習など一日一日を大切に日々前進できるよう努力しています。専門科目の「音楽表現」は、音楽を通して、みんなが自然と笑顔になれる科目だと思います。子供達と一緒に体を使って遊びながら、楽しさを伝えられるようになりたいと思っています。
 将来は保育士として子供達一人ひとりを大切に、個性を生かせるようサポートしたいと考えています。また、子供の変化にいち早く気付き、対応できるようになりたいです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 第一幼児教育短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

個性の伸展による人間教育を...

都築 美紀枝 先生

先生

「人間には、その人でなくてはならない優れた特性がある。これを第一義的特性と呼び、その特性を伸ばし育てて、社会の要請する有能な人材を育成することが教育の本義であると考える」これは本学園創設者、都築ョ助、都築貞枝の言葉であり、建学の精神であります。
人間一人ひとりの持つ個性と可能性を最大限に引き出し、教師と学生のふれあいのなかで個人の特性を伸ばすことを本学園の教育理念としています。
「第一」と言う校名が付けられているのも、単に競争原理ではなく、人間存在の根本的な意義を基幹に据えて、真の実践教育に当たるという思いが込められているからです。したがって本学は、画一的な教育を避け、学生一人ひとりの特性を見出し、それを伸ばすことに情熱を燃やし、創立以来、愛情と教養と知性を備えた幼児教育者の育成に努めています。
また、日毎に高まる生涯教育の声に応え、社会人教育、公開講座などの活動を展開、開かれた大学として、地域社会の発展にも寄与しています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 第一幼児教育短期大学の先輩・先生情報トップへ

第一幼児教育短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
第一幼児教育短期大学のパンフをもらう