精華女子短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

福岡県 私立短期大学

精華女子短期大学

パンフレットをもらう

精華女子短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
092-582-8145(入学ホットライン)  
E-mail
nyushi@seika.ac.jp  
URL
http://www.seika.ac.jp  

先輩の声

子どもたちと保護者に信頼される保育士を目指します!

鵜城 あゆこ さん / やまのこ保育園勤務/2012年3月卒/精華女子高等学校(福岡県)出身

先輩

この仕事の魅力・やりがい
やまのこ保育園で保育士をしています。1・2歳縦割りクラス担当制をとっており、生活行為は丁寧に1対1で援助しています。子どもたちと生活を共にする中で、子どもの成長を見守り援助するわけですが、私たち保育士だけでなく保護者の方と一緒に見守っているという気概があります。勇気を出して新しいことにも積極的に挑戦したり、できなかったことができるようになったりと子どもたちの発達はとても早く驚くことがたくさんあります。やりがいは、やはり子どもたちの元気な姿と笑顔を見た時で、保育士で良かったなぁとつくづく幸せを感じます。それでも一人ひとりの対応や援助が違うので、日々勉強の毎日ですね。

私の学生時代!
幼児保育学科の代表委員や和太鼓精龍舞華の一員として活動していました。いろんな仲間と知り合え、たくさんの友達と、様々なことに力を合わせて乗り越えたり楽しさを共有したりと、多くの貴重な経験をすることができました。その中でも、実習で鍛えられたことは忘れません。実習回数や時間はとても多く、精華女子短大の保育現場で役立つ即戦力を育てる方針がとてもよくわかります。実際の幼稚園や保育園実習では、自分が希望する園や出身地での実習が可能であり、子どもたちと触れ合う機会がとても多かったです。学内の実習設備も充実しており、先生方が一人ひとりに親身になって接してくださるので、とても居心地がよく温かい場所でした。

これからかなえたい夢・目標
人見知りな性格の私でしたが、様々な経験を重ねる中で自分への自信が付きました。現在、保護者の方の前で話したりできるのは、短大生活での経験で人前に立つという現場経験が生かされているのではないかと思っています。例え経験不足であっても、前向きにチャレンジすることで補えるということも身を持って覚えましたので、どんどんいろんなことを吸収できるように取り組んでいきます。保育士という責任重大な職についてるからには、自分自身が成長していかなければいけません。保護者から信頼して子どもを預けてもらえ、いつも子どもの思いに心を寄り添い、子どもの行動の裏にある“なぜ(思い)”を理解できる保育士になりたいと思っています。

(掲載年度:2015年度)

幅広く活躍できる「食の専門家」になるために、更なるステップアップへ!

田本 あす香 さん / コダマ健康食品株式会社岩田屋本店新館勤務/2012年3月卒/三井高等学校(福岡県)出身

先輩

この仕事の魅力・やりがい
健康食品を販売する会社に勤めています。栄養士の資格を持った食の専門家として、お客様の体にいい影響を与えられる食品や食生活のアドバイスを行っています。添加物の話や食が毎日の体を作っていることなど、自分が勉強したことが少しでもお客様の役に立てることが、やりがいになっています。そんな中、お客様から「あなたが薦めてくれた食品を試して元気になったよ」とお声掛けいただけた時は、本当にこの仕事をやっていて良かったと思いました。また、店舗では、商品の発注、健康講演会のリーダー、試食作り、売上管理などを行い、そして、常に新しい情報をキャッチし正しい情報をお客様に伝えできるように勉強していきたいと思っています。

私の学生時代!
「応用栄養学」と「臨床栄養学」の教科では、疾病について詳しく学び、食事療法や食材の調理法、成長期の食事栄養、食物の組み合わせなどを学んでいる中で『食で健康になる』ということを深く学ぶことができました。また、現在の仕事でも取り入れていることの一つに、まずは食を基本とし、そこに足りないものをサプリメント等で補うという食の応用も学べていたことがとても役立っています。食生活(食事の質・内容)を大切にすることを分かりやすく伝えるということは難しいことですが、在学中にも経験していたのでうまく使えるようになりました。あと、試験対策にクラスみんなで一丸になって合格を目指したことは、いい思い出になっています。

これからかなえたい夢・目標
現在は、管理栄養士の資格取得の為の実務経験中で、精華女子短大の管理栄養士対策講座も受講しながら、資格取得を目指しています。常に目標を持って行動することで毎日が充実すると考えています。まだまだ、食の専門家になるにはスキルアップが必要ですので、視野を広くし行動することが私の目標です。管理栄養士以外では、スポーツマンのサポートに役立つアスリートフードマイスターの資格にも興味があります。栄養や調理の知識ゼロからのスタートだった私が精華女子短大で自信を持って学べたことで、ここまで来られました。

(掲載年度:2015年度)

効率よく業務を進めることで、生産性を高めるノウハウを身に付けていきたい

嶌田 ちひろ さん / 九州電力株式会社武雄営業所勤務/2012年3月卒/精華女子高等学校(福岡県)出身

先輩

この仕事の魅力・やりがい
九州電力武雄営業所の営業グループに勤務しています。今後も人事異動により、九州各県で勤める可能性があります。仕事内容としては、一般的な電気料金の収納を行う窓口ではなく、新築やオール電化にする電気の供給(工事・契約)申込みや、太陽光設置に関するお客様からの電力の販売申込み等の受付窓口です。窓口に来られるのは、電気工事店の方ばかりなので、専門知識がとても要求される部署です。そんな一連の業務を通して、新築の家がご近所等にできた時の新たに電気が付いているところを見ると、なんだか嬉しくなりますね。電気事業を通して人の役に立てる仕事に就けていることが誇りであり、これからも頑張って行こうと思えます。

私の学生時代!
私は学友会に所属していたので、その活動が一番印象に残っています。通常の授業では関わることの少ない違う専攻の人たちや、先輩や後輩との交流もあり、交友関係を広げることができ、その中で作り上げた学園祭が大いに盛り上がって大成功を収めたことが短大生活での一番の思い出です。また、海外からの留学生とも仲良くなれたことで、外国にも興味を持つようになりました。精華女子短大は、挑戦する気持ちさえあれば、様々な資格取得ができ、就職の幅がとても広い短大です。まだ夢や目標が明確に決まっていないけれど、チャレンジ精神のある人にはお勧めします。気さくな先生方が多く、進路だけでなくいろいろな話ができるのもいいところです。

これからかなえたい夢・目標
幅広い業務がある中で、まだ限られたことしか経験をしていないので、今後いろいろな仕事にチャレンジしていきたいです。また、発送電分離等めまぐるしく電力業界が変化していく中で取り残されてしまわないよう知識等をより多く取り入れ、自己研磨に励んでいきたいと思います。最近では、直接の業務ではありませんが周辺知識の一つとして、電気工事士の国家資格取得に向けて勉強を始めました。先輩方や窓口業務で親しくなった電気工事店のみなさんに教えてもらうことで、少しづつですがわかるようになり、楽しくなってきています。そして、在学中に学んだビジネススキルのパソコンの基本操作や挨拶、接遇マナーをもっと極めようとも思っています。

(掲載年度:2015年度)

▲ 精華女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

親しみやすい先生が丁寧に相談に応じてくれます。どのクラスもアットホームな雰囲気が特徴です。

朝木 徹 先生

先生

科目履修の仕方、成績のことなどの学業面から進路の相談まで、皆さんの学生生活を丁寧にバックアップしていきます。親しみやすく、どんなことも相談できる先生が多いのも精華の特徴です。また、体育祭や学園祭でのクラス参加のイベントを通して、アドバイザーが学生とのコミュニケーションをとりながら、クラスの絆を深めています。

(掲載年度:2015年度)

▲ 精華女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

精華女子短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
精華女子短期大学のパンフをもらう