精華女子短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

福岡県 私立短期大学

精華女子短期大学

パンフレットをもらう

精華女子短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
092-582-8145(入学広報課)  
E-mail
nyushi@seika.ac.jp  
URL
http://www.seika.ac.jp  

先輩の声

子どもたちの成長を支える幼稚園の先生を目指します!

上野冨美代 さん / 保育福祉専攻 / あすなろ幼稚園勤務/2013年3月卒/精華女子高等学校(福岡県)出身

先輩

あすなろ幼稚園で幼稚園教諭をしています。毎日たくさんの子どもと接しながら、学習面や運動面など、一人ひとりの可能性を引き出す仕事にやりがいを感じています。五感を使った園での教育に力を入れているので、精華での体育の授業やレクレーションなどの授業が特に活かされています。幼児保育学科では、代表委員の副委員長として、児童劇の舞台監督やオペレッタ活動で表現力などを磨けたのも良かったと思います。現場では園児の安全面を第一に考え、保護者との関係も密に頑張っています。子どもたちの発達はとても早く驚くことがたくさんあります。やりがいは、子どもたちの元気な姿と笑顔を見た時で、「幼稚園の先生でで良かったなぁ」とつくづく幸せを感じます。

(掲載年度:2017年度)

幅広く活躍できる「食の専門家」になるために、更なるステップアップへ!

田本 あす香 さん / コダマ健康食品株式会社岩田屋本店新館勤務/2012年3月卒/三井高等学校(福岡県)出身

先輩

健康食品を販売する会社に勤めています。栄養士の資格を持った食の専門家として、お客様の体にいい影響を与えられる食品や食生活のアドバイスを行っています。添加物の話や食が毎日の身体を作っていることなど、自分が勉強したことが少しでもお客様の役に立てることが、やりがいになっています。そんな中、お客様から「あなたが薦めてくれた食品を試して元気になったよ」とお声掛けいただけた時は、本当にこの仕事をやっていて良かったと思いました。また、店舗では、商品の発注、健康講演会のリーダー、試食作り、売上管理などを行い、そして、常に新しい情報をキャッチし正しい情報をお客様に伝えできるように勉強していきたいと思っています。

(掲載年度:2017年度)

効率よく業務を進めることで、生産性を高めるノウハウを身に付けていきたい

嶌田 ちひろ さん / 九州電力株式会社武雄営業所勤務/2012年3月卒/精華女子高等学校(福岡県)出身

先輩

九州電力久留米営業所の営業グループに勤務しています。仕事内容は、一般的な電気料金の収納を行う窓口ではなく、新築やオール電化にする電気の供給(工事・契約)申込みや、太陽光設置に関するお客様からの電力の販売申込み等の受付窓口です。多くのお客様は、電気工事店の方ですので専門知識が要求される部署です。そんな一連の業務を通して、新築の家がご近所等にできた時の新たに電気が付いているところを見ると、なんだか嬉しくなりますね。電気事業を通して人の役に立てる仕事に就けていることが誇りであり、これからも頑張って行こうと思っています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 精華女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

親しみやすい先生が丁寧に相談に応じてくれます。どのクラスもアットホームな雰囲気が特徴です。

朝木 徹 先生

先生

科目履修の仕方、成績のことなどの学業面から進路の相談まで、皆さんの学生生活を丁寧にバックアップしていきます。親しみやすく、どんなことも相談できる先生が多いのも精華の特徴です。また、体育祭や学園祭でのクラス参加のイベントを通して、アドバイザーが学生とのコミュニケーションをとりながら、クラスの絆を深めています。先生は時折、自分の子どもの発達事例を通し楽しく授業をされています。学生には大好評で人気のある先生です。

(掲載年度:2017年度)

分かりやすい授業で皆から親しまれています

阪田直美 先生 / 食物栄養専攻

先生

先生の専門分野は、栄養学・栄養教育ですが、学内には留まらず食育指導で様々な場所に出かけられます。中学校に栄養指導に出かけられたときは、講演だけではなく、その後継続的に指導、生徒自身で弁当を作るように指導されました。栄養バランス、見た目の美しさなど、それぞれ生徒が作ったものを講評するのですが、このときは、本学の食物栄養の先生方も多数栄養指導に出かけられます。地域に根ざした栄養指導では定評がある先生です。先生のお人柄か、授業も分かり易く学生に親しまれている素晴らしい方です。

(掲載年度:2017年度)

「絵本の読み聞かせ」といえば、大谷先生

大谷朝 先生 / 幼児保育学科

先生

近年子育ての環境が大きく変わり、保育者の専門性と質が問われています。大谷先生は、高等学校での出張授業などで必ず「ご指名」がかかるので、毎日忙しく立ち回られています。絵本を通して子ども達にどのようなメッセージを届けるのか、大谷先生の姿から「保育者」を目指す高校生が出てくるほどです。授業でも、関西弁で(神戸出身)私達には特徴のある言葉で、授業が展開され、学生も親身になって指導してくれる先生に尊敬と感謝を持って接しています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 精華女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

精華女子短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
精華女子短期大学のパンフをもらう