鈴鹿大学短期大学部の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

三重県 私立短期大学

鈴鹿大学短期大学部

パンフレットをもらう

鈴鹿大学短期大学部 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
059-372-3900(入試広報キャリア課)  
E-mail
nyuushi@suzuka-jc.ac.jp  
URL
http://www.suzuka-jc.ac.jp  

先輩の声

こどもと一緒に成長できる保育者になりたい!

入江 真央 さん / 生活コミュニケーション学科 こども学専攻 幼稚園教諭・保育士コース / 三重県立四日市西高等学校

先輩

 保育者に必要な知識だけでなく、ピアノ演奏やおもちゃづくり、運動あそびとたくさんの技術を身につけるのは大変ですが、親身な先生に助けてもらいながら頑張っている毎日です。初めて行った学外学習では働くことの大変さを実感し戸惑いの連続でしたが、現場の先生からアドバイスをいただいたいり、友達と協力し合いながらこどもたちのお世話をしたりと、得られるものもたくさんありました。2年間という短い時間ですが、目標をもって、より高みを目指していきたいです。

(掲載年度:2016年度)

自分の作った食事でたくさんの人を笑顔にしたい!

南出 侑紀 さん / 生活コミュニケーション学科 食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース / 三重県立伊賀白鳳高等学校

先輩

 スズタン卒業生の高校の保健室の先生に、オープンキャンパスに行くようにアドバイスをもらい、やさしくて温かい雰囲気に惹かれて入学を決めました。授業では基本的な調理技術から、和食・洋食、お菓子の調理方法、年代に合った食事についての知識、衛生管理など幅広く学んでいます。調理実習では、実習後に班のメンバーで試食をするのも楽しみのひとつです。お互いに励まし合ったり、一緒にスポーツをしたり、素敵な仲間に囲まれた最高のキャンパスライフです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 鈴鹿大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

みんなが元気で健康に過ごせるよう、食の大切さを伝えましょう!

乾 陽子 先生 / 生活コミュニケーション学科 食物栄養学専攻

本コースでは、まずは自身の食生活を見直すことから始め、最終的には人々が健康的な生活をおくるための栄養指導ができる食の専門家を目指します。もちろん、見た目やおいしさも満足いただける食事を提供する調理技術も必要です。基礎となる科目については苦手意識が出ぬよう、実習については講義内容とリンクさせ、学んだ事例を実習で確認することで内容の定着と応用していく力を養えるよう指導しています。わからないことがあっても先生や先輩に気軽に質問でき、仲間たちといっしょに成長していける環境づくりをわれわれ教員の使命ととらえ、一人ひとりの力が十分に出せるようサポートしていきます。

(掲載年度:2016年度)

▲ 鈴鹿大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

鈴鹿大学短期大学部に興味を持ったらパンフレットをもらおう
鈴鹿大学短期大学部のパンフをもらう