和泉短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立短期大学

和泉短期大学

パンフレットをもらう

和泉短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
042-754-1133(広報渉外ユニット)  
E-mail
info@izumi-c.ac.jp  
URL
http://www.izumi-c.ac.jp/  

先輩の声

幼稚園で活躍する先輩

M.K さん / 児童福祉学科 / 東京都立小川高等学校卒業

先輩

子どもたちの成長を間近に!
この仕事のやりがいの一つは、多くの行事を通して、クラス全員の気持ちが一つになることです。
準備や練習などは大変ですが、行事が終わるたびに子どもたちの成長を実感でき、また私自身も成長できているのではないかと思います。家庭での出来事を楽しそうに話してくれる子どもたちの笑顔や、「休みの日も幼稚園に行きたい!」と言ってくれる言葉が私の元気の源です。

(掲載年度:2016年度)

保育所で活躍する先輩

R.T さん / 児童福祉学科 / 光明学園相模原高等学校卒業

先輩

「初めてできた」感動がいっぱい!
保育所に勤めて2年目で、いまは2歳児クラスを担任しています。少しずつお話しも上手になり、着替え、排泄、食具を使っての食事など、子どもたちの「一人で初めてできた瞬間」に数多く立ち会えるのがとても嬉しいです。
乳児から幼児に移る大切な時期であり、毎日を楽しく、そして生活に必要なことを一つひとつ身につけられるように接していきたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 和泉短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

「子どもと向き合うことは自分と向き合うこと」

鈴木 敏彦 先生 / 児童福祉学科

先生

 “子どもや家族の笑顔を支えたい”児童福祉・保育、幼児教育の専門家を目指す和泉生たちは、いつも真剣にこのことを考えてくれています。しかし一方で、子どもや家族の自立を支えるためには、保育者としての“自分自身の自立”を考えることも大切です。保育者として自分が自立していないのに、子どもたちの自立を語ることはできませんよね・・・。
 和泉での学びとは、子どもと向き合い、そして自分自身と向き合う2年間なのです。
さぁ、一緒に学んでいきましょう!

(掲載年度:2016年度)

子どもたちを支える仕事がしたいなら和泉です

横川 剛毅 先生 / 児童福祉学科

先生

 「しっかりした環境で活きた学びがたくさんできる」それが和泉短期大学のいいところです。
 “保育・福祉の大学として歴史と実績がある”“実習教育に特に力を入れている”“子育てひろば「はっぴい」があって学校にいながらちいさな子どもたちと関われる”・・・
 これら和泉ならではの一つひとつが、「将来は子どもたちを支える仕事をしたい!」という夢にあなたをググッと近づけるのです!
それから、“学生と教職員の距離が近い”ということも忘れてはいけない和泉の特長です。
キャンパスで会えることを楽しみにしています!

(掲載年度:2016年度)

「自分の夢を叶えている実感と仲間が Power の源!」

山本 美貴子 先生 / 児童福祉学科

 授業・実習・行事・・・と忙しい学生生活を過ごしているのに、私がびっくりするほど生き生きしている和泉生。専門知識・技能を獲得する為の努力は大変ですが、同じ志を持ち苦労や喜びを分かち合う仲間や教員との出会い、「保育・福祉の道に進みたいという夢」が着実に「現実」に近づいているという実感が、「生き生きPower」の源になっているようです。多くの実習先で「和泉の実習生は安心して迎えられます」「一生懸命な和泉生、来年も待っています」と言って頂き、私まで嬉しくなります。先輩たちの頑張りゆえに、和泉生は教員だけでなく現場の先生方にも支えられていることに感謝です。来年、また仲間が増えることを楽しみにしています!

(掲載年度:2016年度)

▲ 和泉短期大学の先輩・先生情報トップへ

和泉短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
和泉短期大学のパンフをもらう