こども教育宝仙大学 こども教育学部の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

こども教育宝仙大学

パンフレットをもらう

こども教育宝仙大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3365-0267(事務部)  
E-mail
kodomo@po2.hosen.ac.jp  
URL
http://hosen.ac.jp/  

こども教育学部の紹介

学部・学科・コース情報

こども教育学部 幼児教育学科

 保育者への学びは、現代を生きる一人の人間として成長することから始まります。入学から卒業までの4年間、本学では一貫して一人ひとりの学生の人間的なふれあいと個性を大切に守り育てる少人数制教育と体験的・実践的教育の特色を活かしたゼミナール、演習、実習を中心に、学生の能力・適性・進路に対応した教育を続けています。
 幼児教育・保育・児童福祉の基本を学ぶ1年次は、保育者が備えるべき素養を養う「基礎ゼミ」等を通して主体的な学習の基盤をつくります。2年次は「保育実践演習」を中心とした授業で、幼児教育・保育の学習意欲と教職・保育職への適性を高めます。3年次は自分自身の興味や関心、進路を考えながら実践的能力を身につける授業、また卒業研究に向けて「専門研究ゼミ」が始まります。4年間のまとめとなる4年次は、免許・資格取得に必要な授業と卒業キャリアを見据えた「卒業研究」、実習の体験・経験を総括する「保育・教職実践演習(幼)」等により、保育者としての能力・適性・課題を確立していきます。

卒業後の進路

 確かな就職実績を誇るこども教育宝仙大学。平成27度の第4期生の就職内定率は100%(就職者/就職希望者×100)。その内、幼稚園、保育園、児童福祉施設への就職は94%にのぼりました。こども教育宝仙大学は、前身の宝仙学園短期大学より続く幼児教育・保育者養成の歴史に支えられた高い就職率を保持する大学です。卒業生のほとんどが幼稚園や保育所、更には認定こども園、児童福祉施設、幼児関連商品を扱う一般企業など、こどもに関るさまざまな仕事に就いています。
 保育の現場で活躍する卒業生の評価も高く、応えきれないほどの求人票が大学に集まり、平成26年度は幼稚園、保育園からの求人数は1500件以上、学生一人あたりの求人数は約15件以上にのぼりました。
 将来、幼児教育者や保育者をめざす皆さんにとって、宝仙生が築いてきた信頼とネットワークは、確実に就職の夢をかなえるための大きな支援となるはずです。

めざせる資格・検定

幼稚園教諭免許状 保育士

こども教育宝仙大学 こども教育学部のトップへ

注目のカリキュラム

きめ細やかなサポート体制、幼稚園が隣接するという理想的な実習環境

注目のカリキュラム
1年生の「基礎ゼミ」から始まる各学年の必修ゼミは、16〜17名の少人数で行います。ゼミ担当教員は大学生活のアドバイザーとして、学生一人ひとりの学びを、きめ細やかにサポートしていきます。また、表現系授業や演習など授業科目の特性に応じて、適正人数でのクラス編成となっています。そして、キャンパスは学園幼稚園と隣接しています。こどもたちとの日常的な関わりの中で、理論と実践を結びつけていくことが可能です。3年生から始まる「教育実習」や、その事前プログラムとして1年生から始まる「体験学習」など、学園幼稚園教諭の親身となった指導も受けながら幼児教育・保育についての学びを深めていきます。

こども教育宝仙大学 こども教育学部のトップへ

学費

入学金 300,000円
学費について 初年度納付金 1,478,000円
・入学金      300,000円
・授業料      800,000円
・設備維持費   300,000円
・教育充実費    70,000円
・その他        8,000円

こども教育宝仙大学 こども教育学部のトップへ

こども教育宝仙大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
こども教育宝仙大学のパンフをもらう