拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立短期大学

拓殖大学北海道短期大学

パンフレットをもらう

拓殖大学北海道短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0164-23-4111(学生支援課)  
E-mail
kouhou@takushoku-hc.ac.jp  
URL
http://www.takushoku-hc.ac.jp/  

農学ビジネス学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:150
  • 年限:2年

農業の知識と技術を実習を通じて体験的に学び”農業の担い手”を養成し、「就職」・「4年制大学編入」を目指します。

農学ビジネス学科環境農学コースでは、農産加工や食生活に至るまでのフードシステムを”実践”を通じて学び、食文化を形成する農業生産技術の基本を身につけます。また、環境対策や水稲、畑作、野菜、花卉等の生産技術を学ぶだけでなく、進路に応じた履修モデルによって、「農」にかかわる幅広い将来をサポートします。
さらに、地域振興ビジネスコースでは、産官学共同での「農商工観連携」と地域振興について実践的に学び、地域振興やビジネスに必要な知識・技能を身につけ、地域を担う即戦力となるプロフェッショナルを育成。また拓殖大学など提携大学への推薦編入を目指し、4年制大学の前期課程に準じた科目を中心に学習します。

卒業後の進路

農学ビジネス学科は、面接対応や時事問題、小論文など企業就職に欠かせないスキルを各種授業の中で高めるほか、個々の希望に即した情報提供で就職活動をサポート。環境農学コースは、農業生産法人などへの就職を確実にバックアップするだけでなく、農業機械関連科目や各種資格の取得支援などを通じて農業機械メーカーへの就職の基盤となる技能習得も可能。広く農業について学ぶ中で「食」「環境」など関連する分野についても致死委や興味が養われ、幅広いジャンルへの就職へと視野が広がります。進学面では指定校編入を結ぶ玉川大学農学部のほか、編入試験で弘前大学・宇都宮大学・島根大学などの国公立大学への合格者も輩出。地域振興ビジネスコースは拓殖大学政経学部・商学部・国際学部に学長推薦編入枠を設け、また全国各地に推薦提携を結ぶ大学があり、編入に向けた学習に専念することができます。

めざせる資格・検定

ITパスポート試験 マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS試験)
P検-パソコン検定試験 危険物取扱者
日商簿記検定 実用英語技能検定
TOEIC(R)テスト TOEFL(R)テスト
中国語検定 食品衛生管理者
毒物劇物取扱責任者  

拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科のトップへ

学費

入学金 180,000円
卒業までの総学費 2,058,500円
学費について 授業料のうち年間50万円(第1種)、30万円(第2種)ともにそれぞれ原則2年間免除する奨学生試験を実施・選考し第1種と第2種は試験成績で決定する「拓殖大学北海道短期大学奨学生制度」があります。また、生涯学習教育や社会人再教育の場として門戸を開放する「社会人入学制度」を完備し、農学ビジネス学科(若干名)に関しては、授業料免除制度(入学金を除く)を利用することができます。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

拓殖大学北海道短期大学 農学ビジネス学科のトップへ

拓殖大学北海道短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
拓殖大学北海道短期大学のパンフをもらう