植草学園大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

千葉県 私立大学

植草学園大学

パンフレットをもらう

植草学園大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
043-239-2600(入試・広報課)  
E-mail
nyuusi@uekusa.ac.jp  
URL
http://www.uekusa.ac.jp  

先輩の声

特別支援学校の教員をめざしています

角谷拓真 さん / 発達支援教育学科 / 静岡県立伊東高等学校

先輩

将来、特別支援学校の教員になりたいと思い、カリキュラムや講師陣が充実している植草学園大学を選びました。大学では、発達支援教育について、さまざまな観点から学ぶことができます。基礎的な学問から現場でたくさんの方々と関わることで実践的な力まで身につけることができます。何事にも主体的、積極的に取り組み、夢を実現させたいと思います。

(掲載年度:2017年度)

寄り添いながらケアできる理学療法士をめざします

岸根和孝 さん / 理学療法学科 / 東京都私立淑徳巣鴨高等学校

先輩

植草学園大学は、豊富な専門知識や経験を兼ね備えた先生方や、やさしく頼れる先輩方、充実した施設などの環境が整っています。講義や実習を通して、幼い子どもから高齢者まで、さまざまな症状をもった方に寄り添いながら、ケアできる理学療法士をめざして頑張っていきたいです。

(掲載年度:2017年度)

▲ 植草学園大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

思いやりの心をもち、実践力の高い人

浦野 俊則 先生 / 学長

先生

 学生生活は、新しい出会いから始まります。友達や先生方との人間的な交流と勉学を通じて、豊かな情操、他者への思いやりの心、幅広い教養、専門分野の知識と実践的な能力を身につけてほしいと思います。それを実現するのは学生自身です。
 本学には、発達教育学部と保健医療学部があります。発達教育学部では子どもの保育と教育を総合的に学び、小学校、幼稚園、特別支援学校の教諭や保育士の資格を取得できます。保健医療学部では身体機能の障害や困難を改善したり回復したりして生活の質を向上させる医療専門職としての理学療法士の養成を行っています。

(掲載年度:2017年度)

一人ひとりの子どものニーズにしっかり応えるために

渡邉 章 先生 / 発達教育学部長

先生

 発達教育学部は、子どもの発達と指導・支援について幅広く学ぶことができる学部です。
子どもはどのように発達していくのか、それぞれの発達段階において、どのように指導や支援を行っていけばよいのかを総合的に学ぶことができます。
 教育や保育の現場では、障害や困難性のある子どもへの対応など、一人ひとりの子どものニーズにしっかりと対応することが求められています。
この学部では、経験豊かな先生方から、教育や保育の現場で必要とされる実践的で具体的な対応の仕方について学ぶことができます。
 この学部での学びは、みなさんにとって、かけがえのない経験になることでしょう。

(掲載年度:2017年度)

やさしい心と確かな知識・技術をもった全人的医療の担い手になりましょう

小池 和子 先生 / 保健医療学部長/副学長

先生

 急速に進展するわが国の高齢社会では、身体機能の障害をもちながら生活する方々が増えています。保健・医療分野では、このような方たちが生活の質を高くもち、生き生きと日々を過ごすことができるように専門的な技術支援をします。特に理学療法士は、身体の基本的な運動機能の回復をめざすことや、障害を防いでいくために大きな力を発揮する医療専門職です。
 理学療法士になるためには、人にやさしい心をもち、自ら厳しく学ぶことから始まります。からだのしくみや働き、発達や老化、病気や障害などを良く知り、治療、リハビリテーションを学んでいきます。本学では、1年生から早期体験としてリハビリテーション施設見学も行います。充実した専門科目を学び、理学療法士をめざして情熱と努力を惜しまない方、地域に貢献できる方を歓迎します。

(掲載年度:2017年度)

▲ 植草学園大学の先輩・先生情報トップへ

植草学園大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
植草学園大学のパンフをもらう