第一工業大学 工学部の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

鹿児島県 私立大学

第一工業大学

パンフレットをもらう

第一工業大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-580-640(入試事務局)  
E-mail
nyushi@daiichi-koudai.ac.jp  
URL
http://www.daiichi-koudai.ac.jp/  

工学部の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:360名
  • 年限:4年

 航空工学科・情報電子システム工学科・機械システム工学科・自然環境工学科・建築デザイン学科

★航空工学科
 航空工学科では、航空宇宙の技術者、二等航空整備士、パイロットを育成します。鹿児島空港実習場での訓練を通じて即戦力としてのエアライン・パイロットと2等航空整備士を育成します。
★情報電子システム工学科
 携帯電話やデジタルカメラなどの電子部品を設計・開発する電子技術者、衛星放送などの放送設備や携帯電話などの通信設備の設計・開発・保守を行う通信技術者、プログラマー、システムエンジニアなどの情報技術者、ITを駆使した経営戦略・ビジネス戦略を推進できる人材を育成します。
★機械システム工学科
 機械工学の専門的知識と技術を習得し、創造性に富んだ機械を開発する能力を備えた技術者を育成する学科です。2級自動車整備士、医療工学技術者、メカトロニクス、システム工学に精通した機械電子技術者を育成します。
★自然環境工学科
 人々の暮らしを豊かにする産業基盤づくり、自然環境と調和のとれた生活基盤づくりに携わることができる技術者を育成する学科です。インフラの設計、施工、維持管理に対応できる建設技術者、水の生産、浄化処理に精通した水環境クリエーター、都市と緑地など建設事業と関係する緑化技術者を育成します。
★建築デザイン学科
 快適で、安全、安心な建築環境を創造することができる技術者を育成する学科です。建築構造デザインや建設工事の施工管理ができる建築士をはじめ、インテリアデザイナー、高齢者や身体障害者にやさしい住環境をデザインできる福祉住環境デザイナー、環境と共生する街並みをデザインできる建築空間のデザイナーを育成します。

卒業後の進路

潟Gアロ、蟹HI、セントラルヘリコプターサービス梶Aリンナイ梶Aヤンマーエネルギーシステム梶A潟Tイネックス、スズキ梶A葛繽Bマツダ、新日本製鐵住金梶A阪神通信工業(株)、(株)MBCサンステージ、富士アイテック(株)、小野田ケミコ梶A山九プラントテクノ梶A岸本建設梶A寄神建設(株)、アーネストワン梶A積水ハウス梶A潟gータルハウジング、(株)アルプス技研、アーネストワン(株)、清水建設グループ、(株)九州タブチ、
教員(高校)、警察官、自衛官(陸)、消防士、大学院進学(鹿児島大学、宮崎大学、山口大学)他多数の実績があります。

めざせる資格・検定

基本情報技術者試験 ITパスポート試験
応用情報技術者試験 CGクリエイター検定
ネットワークスペシャリスト試験 CAD利用技術者試験
CGエンジニア検定 マルチメディア検定
C言語プログラミング能力認定試験 Javaプログラミング能力認定試験
画像処理エンジニア検定 電気通信の工事担任者
電気通信主任技術者 電気工事士
陸上無線技術士 航空無線通信士
ボイラー技士 危険物取扱者
二級建築士 測量士
測量士補 建築設備士
建築施工管理技士 建築CAD検定
管工事施工管理技士 土木施工管理技士
造園施工管理技士 消防設備士
インテリアプランナー 福祉住環境コーディネーター
キッチンスペシャリスト 土地家屋調査士
宅地建物取引士 実用英語技能検定
TOEIC(R)テスト 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 二級ガソリン自動車整備士
二級ジーゼル自動車整備士 航空整備士
事業用操縦士〔航空機〕 公害防止管理者
機械設計技術者 火薬類取扱保安責任者
技術士 ビオトープ計画管理士・施工管理士
計器飛行証明 浄化槽管理士

第一工業大学 工学部のトップへ

注目のカリキュラム

アクティブラーニング型授業

注目のカリキュラム
実践的テーマに取り組むアクティブラーニング型授業を取り入れています。

第一工業大学 工学部のトップへ

学費

2014年度実績

入学金 150,000円
卒業までの総学費 4,390,000円
学費について ●航空整備士資格コースは一般学生の学費(4,390,000円)に加え、訓練設備費(600,000円)が追加になります。(総額4,990,000円)
●パイロット資格コースは一般学生の学費(4,390,000円)に加え、アメリカ留学費、操縦設備費、フライト訓練費が追加になります。(総額約16,500,000円)
●学費のほか、委託徴収金として学友会費30,000円(4ケ年分)と後援会費15,000円(年額)が必要となります。
●学費の一部は、入学手続き時に納入となります。
●学費、寄付金は、一切ありません。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

第一工業大学 工学部のトップへ

第一工業大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
第一工業大学のパンフをもらう