姫路獨協大学 薬学部の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

兵庫県 私立大学

姫路獨協大学

パンフレットをもらう

姫路獨協大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
079-223-6515(入試センター)  
E-mail
nyushi@gm.himeji-du.ac.jp  
URL
http://www.himeji-du.ac.jp  

薬学部の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:100名
  • 年限:6年

薬学の専門知識だけでなく、スキルと問題解決力、高い倫理観を学ぶ

薬学部では「チーム医療」と「薬局経営」という2つのキーワードのもとに、これからの医療をリードできる薬剤師の養成をめざしています。
 まず、病院などの医療機関でチーム医療にとりくむ薬剤師にとって、必要なスキルである医学の知識やコミュニケーション能力を、病院実習や薬局実習などを中心とした実務教育で培います。
 また、近年どんどん増えている地域密着型の調剤薬局。それを地域の人々に支持されつつ経営していく力を養うために、経済・経営に関する知識のほか、在宅医療や介護支援、医療相談などの要望にも柔軟に対応できる知識を身につけます。 

 6年間を通して、医療倫理やコミュニケーション論などの教養教育を充実させ、医療人としてのヒューマニズムの確立をめざしています。本学が公私協力方式で創設されたことを活かし、1年次から近隣の病院や薬局で臨床現場を体験する機会を用意。2年次以降は、各学年でPBL(Problem Based Learning)形式の統合演習を実施。小グループに分かれ、学生一人ひとりが与えられたテーマについて問題抽出・調査・発表準備・発表を行うことにより、社会に出てから必要とされる問題解決能力やコミュニケーション能力を養います。
 5年次にはチーム医療について学ぶ実務実習もスタート。ほかにも在宅医療や介護支援、医療相談などの多様なニーズに対応できる知識や実践能力を培う科目などを開講します。
 獨協医科大学や他学部と協力した科目履修(総合的連携教育)を行い、地元姫路市の薬剤師会との強力なパイプを持つことで生きた医療薬学を学べるのも大きな特徴です。

卒業後の進路

主な就職先は、病院薬剤師、薬局薬剤師、製薬会社での創薬研究、MR(医薬情報担当者)、CRC(治験コーディネーター)、公務員(薬事行政・保健行政・麻薬取締官・研究職)などです。

めざせる資格・検定

薬剤師  

姫路獨協大学 薬学部のトップへ

注目のカリキュラム

授業ピックアップ

注目のカリキュラム
「模擬薬局実習」
学外の病院や薬局で実務を学ぶ5 年次の実習に備えて、薬学部棟内の模擬薬局で、計量調剤や計数調剤、軟膏の調製、注射薬の無菌調製、服薬指導などを学びます。

「病院実務実習・薬局実務実習」
病院と薬局、合わせて約6ヶ月間の実習です。病院ではチーム医療に参画し、調薬や製薬、病棟のベッドサイドでの服薬指導などを体験します。

「物理・化学系統合演習(PBL)」
“くすり”や“からだの成分”の構造・性質について学習した知識を、与えられた課題に対して応用。知識をさらに深め、問題を解決する能力の習得をめざします。

「病態生理学」
代表的な病気を取り上げ、どんな症状があり、身体にどのような異常が起きるのかを生理学的に考察。病気の本質である病態の理解をめざします。

「生理学T・U」
神経・筋、ホルモン、循環・呼吸系、体液、消化・吸収および体温の調節機構について学習。生体の恒常性維持機構に関する基本的知識を身につけます。

「生化学T・U」
生体の組織、細胞、そして生体分子の基本構造と機能、酵素や生体エネルギーについて学習し、生命現象をダイナミックな分子化学反応として理解します。

「公衆衛生学T・U」
「生」(生命・健康)を「衛」(まもる)ため、食(栄養)、生活環境、疾病、化学物質の影響など、幅広い視点から病気に対するさまざまな予防策を学びます。

「分析化学実習」
紫外・可視、核磁気共鳴(NMR)、赤外(IR)、蛍光光度法に関する分光法の原理や各種装置の取り扱い方、および中和滴定法やキレート滴定法などの操作方法を学びます。

「漢方処方学」
漢方医学の理論、診断、治療の要点を解説。漢方処方については、断片的ではなく、処方群にまとめて相互に関連づけた解説を通して正しい知識を獲得します。

「生物・衛生・生薬系統合演習(PBL)」
代表的な疾患例について発症の分子の仕組みを解析。薬物治療と分子作用の仕組みについて理解し、特定の構造をもつ治療薬が薬理作用を示す原理を追究します。

姫路獨協大学 薬学部のトップへ

学費

入学金 300,000円
卒業までの総学費 11,174,700円
学費について 入学金 300,000円
授業料 1,400,000円(前期・後期)
施設設備費 400,000円
学友会費 60,000円
同窓会費 10,000円
保険料 4,700円

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

姫路獨協大学 薬学部のトップへ

姫路獨協大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
姫路獨協大学のパンフをもらう