神戸医療福祉大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府/兵庫県 私立大学

神戸医療福祉大学

パンフレットをもらう

神戸医療福祉大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-155-123(入試広報部)  
E-mail
info@kinwu.ac.jp  
URL
http://www.kinwu.ac.jp/  

先輩の声

神戸医療福祉大学に入学して良かったことは何ですか?

井関 千晶 さん / 社会福祉学部 社会福祉学科(姫路キャンパス)

先輩

児童福祉司や保育士になるための学びと指導がある。

将来の夢は児童福祉司。ピアノを練習できる個室があり、先生が丁寧に教えてくれます。ペープサートや絵本の読み方など、保育現場で必要な勉強をしっかりできるのがいいところです。

(掲載年度:2017年度)

神戸医療福祉大学に入学して楽しいことは何ですか?

水野 智尋 さん / 社会福祉学部 健康スポーツコミュニケーション学科(姫路キャンパス)

先輩

大好きなスポーツをしながら楽しく学べる。

スポーツが得意な人ばかり集まっていて、みんな明るい人ばかり。スポーツについて深く学ぶだけでなく、授業でダンスやサッカーを通して楽しく学ぶこともできます。みんな元気で男女関係なく仲良し。どんなことをしてもとにかく盛り上がれます。

(掲載年度:2017年度)

福祉サービス事業の経営、福祉製品の企画・開発などを目指す

前田 昌紀 さん / 社会福祉学部 経営福祉ビジネス学科(大阪天王寺キャンパス)

先輩

未来を創る、福祉と経営の学び。グローバルな視点も鍛えられます。

実家が小さな福祉施設を経営。福祉も経営も学べる大学で学びたいと考え入学しました。私は児童施設に興味があるのですが、理想だけではうまく施設運営はできません。だからこそ福祉の知識を元に、経営的な視点で実践する学びを行い、将来に役立てたいと考えています。この学科は経営福祉に興味を持って学ぶ留学生も多く、グローバルな交流もできます。語学力やコミュニケーション力も高めながら、夢の実現に向かって学ぶことができています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 神戸医療福祉大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

「真の福祉人」が求められる時代へ。

伊藤 博康 先生 / 社会福祉学部 社会福祉学科(姫路キャンパス)

先生

今も未来も変わらない、すべての人が幸せな生活を送るために必要なもの。それは「やさしさ」であり、「相手も気持ちに寄り添う心」です。一方で社会は常に変化し、日本は少子高齢化社会に突入。65歳以上人口は26%を超えました。今後は高齢者への介護はもちろん、子どもの保育施設や児童施設問題、バリアフリー化を含めた障がい者サポートなど、各分野でのニーズはますます広く、そして個別化していきます。生写真採用が進行するなど、多くの分野で「真の福祉人」が求められています。

(掲載年度:2017年度)

生活の品質向上をスポーツが担う。

柴崎 建 先生 / 社会福祉学部 健康スポーツコミュニケーション学科(姫路キャンパス)

先生

近年は子どもの体力の二極化が進み、運動しない子どもたちが将来生活習慣病にならないか危惧されています。また日本人の平均寿命は80歳を越え、健康寿命の必要性も唱えられています。つまり運動やスポーツは、アスリートのためのものだけでなく、生活の質(QOL)を維持するために必要なものです。指導者としてのアセスメント能力やプログラムの作成能力、介護予防やリハビリ指導まで、スポーツと福祉の融合が重要視されています。

(掲載年度:2017年度)

福祉に基づく発想が新ビジネスを生み出す。

綛谷 智雄 先生 / 社会福祉学部 経営福祉ビジネス学科(大阪天王寺キャンパス)

先生

介護や福祉サービスを行う際に、それを運営していくためのビジネス視点がなければ、現実的なサービスを行うことはできません。また、介護や福祉を「いま世の中で何が求められているのか」という視点で見れば、介護用品の開発や福祉サービスに留まらず、アスリート用の義足や車椅子の製造、さらには既存の商品パッケージを開けやすく改善するなど、可能性は大きく広がっています。市場は確実に広がっているからこそ、自分で掘り起こしていくことのできる福祉マインドが、さまざまな場面で求められています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 神戸医療福祉大学の先輩・先生情報トップへ

神戸医療福祉大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
神戸医療福祉大学のパンフをもらう