大阪産業大学 工学部 電子情報通信工学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立大学

大阪産業大学

パンフレットをもらう

大阪産業大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
072-875-3001(代)  
E-mail
nyushi@cnt.osaka-sandai.ac.jp  
URL
http://www.osaka-sandai.ac.jp/  

電子情報通信工学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:100名
  • 年限:4年

ハードとソフトの両方を学び、先端技術を切り拓く。

携帯電話やパソコンなどの電子機器からロボットやナノテクノロジーまで、幅広いエレクトロニクスの世界を研究する電子情報通信工学科。電子・情報・通信分野の基本をしっかりと身につけた「電子情報」と「情報通信」分野の技術者の育成を行い、エレクトロニクスの世界を学び情報化社会をリードする情報通信のエキスパートの育成をめざしています。電子機器を組み立てる「ハードウェア」の講義と、プログラミングなどを学ぶ「ソフトウェア」の講義の両方があるので、ハードウェア技術者もネットワーク系エンジニアもめざせます。

■学びのポイント
1.「電子」「情報」「通信」の3分野をバランスよく学び、まずは基礎をしっかりと固める。
1.2年次では、まずは基礎をしっかりと固め、「電子」「情報」「通信」の3分野をバランスよく学習。その基礎的な知識・技術をもとに、3年次から各分野に分かれての学びがスタートし、より深い実験や研究に取り組みます。

2.数学や物理などの重要科目は、習熟度別クラスで各自のレベルに合わせて無理なく学習。
本学科での学習に必要不可欠な数学や物理学などの科目は、習熟度により3つのクラスに編成。きめ細かな少人数制指導のもと、各自のレベルに合わせて無理なく理解を深めていくことができます。

3.研究活動と就職活動をより有意義なものにするため、3年次後期から卒業研究がスタート。
4年次に満足のいく就職活動を行うために、卒業研究は3年次の後期からスタート。十分な研究時間を確保することで、深い研究活動と有意義な就職活動との両立が可能になります。

卒業後の進路

■目標とする進路
○ハードウェア技術者
情報通信系企業、電力会社、放送局、公共機関、機械メーカーなどで、ロボット、先端素材、コンピュータなど、さまざまな製品開発での活躍をめざします。

○ネットワーク系エンジニア
電機・電器・通信機器メーカーや、ソフトウェア開発企業、IT関連企業で、SEやNEなど。また、新しい光学技術や情報通信機器の開発者もめざせます。

○電気設備会社、電力・エネルギー関連会社の技術者など

■主な進路実績(過去5年間)
西日本旅客鉄道(株)、日亜化学工業(株)、日本コムシス(株)、(株)きんでん、(株)メイテック、住友電設(株)、(株)遠藤照明、東洋テック(株)、(株)中電工、(株)日立産業制御ソリューションズ、泉州電業(株)、(株)VSN、(株)マイスターエンジニアリング、六興電気(株)、(株)日本テクシード、(株)アルミネ、中央電設(株)、葵機械工業(株)、(株)シー・エス・イー、(株)NTTネオメイト、影近設備工業(株)、朝日エティック(株)、西部電気建設(株)、(株)アテック、(株)エーシーエヌ、(株)フォーラムエンジニアリング、パナソニックエクセルテクノロジー(株)、川重明石エンジニアリング(株)、(株)てつでん、北港情報サービス(株)、グリーン大阪農業(株)、(株)電算情報技研、東洋紡エンジニアリング(株)、大阪府教育委員会事務局、大和ハウス工業(株)、川崎設備工業(株)、東大阪都市清掃施設組合、航空自衛隊、コイズミファニテック(株)、(株)イセトー、東洋紡エンジニアリング(株)
【公務員】
大阪府警察、海上自衛隊、兵庫県警察
【進学先】
大阪産業大学大学院、立命館大学大学院

めざせる資格・検定

基本情報技術者試験 ITパスポート試験
応用情報技術者試験 電気通信の工事担任者
電気通信主任技術者 電気主任技術者
電気工事士 電気工事施工管理技士
エネルギー管理士 陸上無線技術士
中学校教諭免許状 高等学校教諭免許状
社会福祉主事 技術士
社会保険労務士 技術士補(電気・電子部門)
第1級陸上特殊無線技士 第2級海上特殊無線技士

大阪産業大学 電子情報通信工学科のトップへ

注目のカリキュラム

エレクトロニクスからエネルギーまで幅広い分野において専門性を追求。

注目のカリキュラム
○電子情報
電磁気学、電気回路などをベースにハードウェアについて学び、半導体や電子デバイス、光エレクトロニクスについて理解を深めます。

○情報通信
ディジタル回路などのハード、プログラミングなどのソフト、双方を学習し、情報通信ネットワークについて理解を深めます。

○自然エネルギー
自然現象の理解と自然からエネルギーを生み出して利用するまでの技術について幅広く学びます。

大阪産業大学 電子情報通信工学科のトップへ

学費

入学金 250,000円
卒業までの総学費 5,500,500円
学費について ※本学では入学金や授業料のほかに、各学部の運営活動、年間行事などのために必要な教育環境充実費や諸会費も納入する必要があります。
※2年次以降の納入金については前々年度消費者物価指数の平均上昇率を勘案して、スライド制を実施します。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

大阪産業大学 電子情報通信工学科のトップへ

大阪産業大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪産業大学のパンフをもらう