名古屋商科大学の就職サポート情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立大学

名古屋商科大学

パンフレットをもらう

名古屋商科大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-41-3006(渉外部門 入試広報担当)  
E-mail
nyushi@nucba.ac.jp  
URL
http://www.nucba.ac.jp  

就職サポート

独自の「進路支援データベース」で徹底した「個別支援」を実施

本学では、1年次から全員が参加する初年次教育セミナー「ビジョンプランニングセミナー」を行い、「先生から教わる」という受け身の学習から頭を切り換え、「何を学ぶのか」「なぜ学ぶのか」「将来、何になるのか」を考え、早い段階から将来の目標や職業意識を学生に持たせていきます。
 また2012年度から海外インターンシップ制度であるCAPI「キャリア・アドバンスメント・プログラム・インターナショナル」を設けています。このプログラムは海外での就業意欲のい3年生が、海外の現地企業でのインターンシップを体験するプログラムで、これまでにインドネシア、ベトナム、タイなどのASEAN諸国の現地日系企業を中心にのべ225企業で301名の学生が就労体験を行っています。
 このような進路支援は、学生個々が満足のいく就職活動ができるよう、徹底的な「個別支援」にこだわって実施しています。キャリア・サポート・センターでは、一人ひとりの希望進路はもちろん、取得単位や履修状況、取得資格などの「学業成績」、クラブ活動や留学体験などの「学生情報」、適性検査などの「就職模擬テストの結果」、そして「就職活動状況」や「企業情報」にいたるまでの詳細を独自の「進路支援データベース」に集約。就職決定までの状況を100%把握し、学生一人ひとりに対してきめ細かな支援を行っています。その結果、2015年度は就職決定率99.1%、就職先に対する満足度89.0%を実現しています。

就職のすべてを体験する、1泊2日の「就職研修会」

就職研修会は『就職に強い大学』と言われる名古屋商科大学の中でも最も学生から人気の高い就職支援プログラムです。この研修会は30年以上の伝統があり、3年生の「意識改革」を目的とした1泊2日の集中研修です。本番さながらの模擬集団面接、模擬個人面接、模擬グループディスカッションの実践をとおして、就職活動において重要視される「第一印象」を磨き上げます。
研修会を運営するのは納得内定を獲得した4年生。この日のために、6月から打合せを何度も繰り返し、当日に臨みました。1日目のスケジュール終了後も深夜遅くまで、個別相談を実施。寝る間を惜しんで後輩たちを徹底的に鍛えてくれます。
研修会での最大の魅力は企業採用担当者から直接指導を受けられることです。採用現場を知り尽くしている講師陣によって、3年生は現在の実力を認識し、これからの課題を気づくことができます。
想像以上に厳しい指導を前に懸命に取り組む3年生。妥協することなく、指導にあたる4年生。閉会での顔つきはスタート時のものと格段に変わり、皆引き締まった、気力に満ちた表情を見せていました。この経験は就職活動の場で必ず活きてくることでしょう。

徹底的に「自分」を知る、納得内定ゼミ(自己分析集中講座)

納得内定ゼミとは自己分析を徹底的に行うセミナーです。納得のいく内定を勝ち取るためには、この自己分析は欠かせません。自分自身を知ることで、就活において業界や職種選択に役立つ他、履歴書、エントリーシート、面接などすべてにおいてスムーズな対応ができるようになります。
5日間での短期集中型のプログラムで就活の心構え、自己分析、オリジナル履歴書作成、面接対策ロールプレイング、キャリアカウンセリングを通じて、就活に必要なことを徹底し学んでいきます。また、学生たちの潜在能力を引き出し、就活で結果を出すことができる学生に育成するために、就活テクニックではなく、人間として大切な「考え方・生き方」も育んでいきます。?
納得内定ゼミには、昨年このゼミを活用し、内定を獲得した4年生が自主的にアドバイザーとしてサポートします。『就職に強い大学』と言われる名古屋商科大学には先輩が後輩の面倒を見るという、伝統が根付いています。

▲ 名古屋商科大学の就職サポートトップへ

名古屋商科大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋商科大学のパンフをもらう