帝京科学大学 生命環境学部 自然環境学科(千住/上野原)の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都/山梨県 私立大学

帝京科学大学

パンフレットをもらう

帝京科学大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-248-089(入試・広報課)  
E-mail
koho@ntu.ac.jp  
URL
http://www.ntu.ac.jp/  

自然環境学科の紹介

  • 千住/上野原
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:100名(各キャンパス50名)
  • 年限:4年

「生物環境」と「環境化学」の二方面から環境問題にアプローチ

動植物や自然との関わりから環境について考える生物環境分野と、化学的視点で環境問題の解決方法を探していく環境化学分野。これら2つの観点から専門知識と技能を修得し、環境問題にアプローチしつつ、これからの社会が求める「人と自然が共生できる社会の実現」をめざします。

卒業後の進路

エコツアーの自然指導員、環境分析会社の研究者、中学校・高校の理科教員、水族館や動物園の研究社、メーカーの生産部門、環境関連企業の技術開発者、自治体職員や環境系の公務員 など

めざせる資格・検定

危険物取扱者 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 学芸員
環境計量士 公害防止管理者
自然再生士補  

帝京科学大学 自然環境学科のトップへ

注目のカリキュラム

荒川ビジターセンターとの官学連携。

注目のカリキュラム
2013年度から、千住キャンパスの近くを流れる荒川を利用した本格的な野外実習を展開しています。その目玉の一つに、足立区の荒川ビジターセンターとの官学連携で行う外来種の同定、河川敷の動植物の観察、河川環境の整備などがあります。写真は、ヒヌマイトトンボなど絶滅危惧種の生息が確認される河川敷において、動植物が利用しやすい環境となるよう枯れたヨシを刈ったりゴミを集めたりして、河川環境の整備を行っている様子です。

帝京科学大学 自然環境学科のトップへ

学費

2016年度

入学金 200,000円
学費について ○初年度納入金
 
 入学金    200,000円
 授業料    860,000円
 実験実習費  180,000円
 施設設備費  200,000円
 冷暖房費    40,000円
 学生傷害保険費 4,660円

 合計    1,484,660円

※このほか教材購入費として4〜5万円ほどかかる場合があります。

帝京科学大学 自然環境学科のトップへ

帝京科学大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
帝京科学大学のパンフをもらう