横浜商科大学 商学部 観光マネジメント学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立大学

横浜商科大学

パンフレットをもらう

横浜商科大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
045-571-3901(入試・広報センター)  
E-mail
※お問合せはHPから  
URL
http://www.shodai.ac.jp/  

観光マネジメント学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:70
  • 年限:4年

人を招き、感動させ、新しいビジネスを生み出すプロになろう。

 観光マネジメント学科では観光・ホスピタリティの分野を「観光立国」日本を支える産業・ビジネスとして捉え、新たな事業を企画開発し、マネジメントしていく人材の育成を目指します。
 旅行企画、宿泊サービスのみならず、運輸、MICEなどの国際的な催事運営、スポーツやエンターテイメントの企画など人を呼び込む新しいビジネスを理論だけでなく、ビジネスの最前線に立つプロから直接学び、直面する課題を発見し、分析、解決する能力や、マネジメント力を身に付けます。

卒業後の進路

株式会社東源、静岡トヨタ自動車株式会社、株式会社東京日商エステム、株式会社エーコープ関東、株式会社ゆで太郎システム、株式会社アイスコ、株式会社ロピア、株式会社ジンコーポレーション、株式会社望水(伊豆北川温泉 望水)、株式会社近畿日本ツーリスト神奈川、上野輸送株式会社、金港青果株式会社、株式会社萬珍樓、ハイナン農業協同組合、株式会社東横イン、株式会社小泉、リゾートトラスト株式会社、サンワード貿易株式会社、株式会社京三製作所、明治屋産業株式会社、有限会社桜井板金店、学校法人岩谷学園、自衛隊 ほか 
(2015年3月貿易・観光学科の実績です。)

めざせる資格・検定

ITパスポート試験 通関士
税理士 秘書検定
日商簿記検定 リテールマーケティング(販売士)検定
総合旅行業務取扱管理者 国内旅行業務取扱管理者

横浜商科大学 観光マネジメント学科のトップへ

注目のカリキュラム

観光地づくり、観光まちづくり、観光産業と旅行ビジネス

注目のカリキュラム
観光施設や観光地はどのようにつくられ、何が魅力で、どんな門談店を抱え、今後も人をひきつけるにはどうすればよいか?地域の事例にもとづき、フィールドワークを通して研究します。また、観光関連のゼミでは有名テーマパーク内のホテルや様々な観光地へ赴き、その実情などを調査、検証を行います。これらで学生自身がまとめた調査内容の報告を都道府県や運営先に報告も行っています。

横浜商科大学 観光マネジメント学科のトップへ

学費

2015年度実績

入学金 300,000円
卒業までの総学費 4,256,000円
学費について 初年度納入金1,289,000円 (受託徴収金含む)
(内訳) 入学金300,000円、授業料700,000円、施設設備費195,000円、教育充実費69,000円、受託徴収金(同窓会、育友会(保護者会)費)25,000円

本学独自奨学金(詳細は奨学金・特待生制度をご覧ください)
・資格取得奨学生制度(授業料相当額(100%または50%)免除制度)
・入学試験成績上位者奨学生制度(授業料半額免除)
・特待生(成績優秀者)授業料相当額給付
・特待生(資格取得)日商簿記1級、税理士試験科目合格者に対し授業料相当額給付
・資格取得奨励奨学金 本学所定の資格取得者に対しランク別に奨学金給付(3〜10万円)
・入学金給付制度 AO特別選抜合格入学者に対し入学後入学金50%相当額給付
・全商三冠入学金給付 本学所定の全商資格1級もしくは試験合格を3種目以上取得したものに入学金相当額給付(入学金給付はいずれかのみ)
・同窓会奨学生 横浜商科大学同窓会より所定の金額を奨学金として給付

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

横浜商科大学 観光マネジメント学科のトップへ

横浜商科大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
横浜商科大学のパンフをもらう