東洋英和女学院大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

神奈川県 私立大学

東洋英和女学院大学

パンフレットをもらう

東洋英和女学院大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
045-922-5512(入試広報課)  
E-mail
nyushi@toyoeiwa.ac.jp  
URL
http://www.toyoeiwa.ac.jp  

先輩の声

4年間でどれだけ可能性を広げられるかは自分次第!

池田優希奈 さん / 国際社会学部 国際社会学科 / 2年生 / 静岡県 県立 三島北高等学校出身

先輩

【将来の夢】
仕事のできる、自立した女性になりたいです。
私には憧れの企業があります。将来はその企業で総合職として働きたいと考えています。この企業のほかにも、興味のある分野を4年間で深く学び、卒業後の進路の選択肢を増やしていきたいです。

【東洋英和を選んだ理由】
はじめは、高校を卒業したら就職をしようと考えていました。しかし、何気なく目を通した東洋英和の大学案内を見て、「この大学に通いたい。このキラキラした英和生の一員に私もなりたい」と強い思いが湧き上がり、大学へ進学することを決意しました。
現在、私は静岡県の実家から、電車を乗り継ぎ4時間近くの時間を掛けて大学に通っています。通学は大変ですが、憧れの東洋英和で学び、さまざまな課外活動を通じて得られる経験と比較すると、進学して良かったという思いが勝ります。
東洋英和で、一生の付き合いになる友達、尊敬できる先生や先輩など、素敵な人たちにたくさん出会いたいです。

【高校生にアドバイス】
東洋英和には、自分が挑戦したいことに挑戦できる環境があります。1年生のうちから就職について考える授業があったり、就職活動をサポートしてくれる環境もあります。努力した分だけ評価してくださる先生方もいます。
また、東洋英和は、ほかの大学に比べて洗練された女性が多いと感じます。これは、この環境があるからだと思います。きめ細やかなサポート体制、挑戦したことで得られる経験、早期から自分の将来について考えることで、その目標に向かい努力する姿勢が、英和生を洗練された女性にしていると思います。
東洋英和で、洗練された素敵な女性を目指しましょう!

(掲載年度:2016年度)

後にも先のもないくらい勉強に夢中!

上田菜摘 さん / 人間科学部 人間科学科 / 3年生 / 神奈川県 横須賀市立 横須賀総合高等学校出身

先輩

【今イチバン力を入れていること】
かえで祭こと、学園祭実行委員会の総務セクションに所属しています。
高校生のころから憧れていた実行委員のパーカーを身にまとい、楽しさと責任を持って活動中です。総務セクションのチーフに立候補し、今年度はチーフとして、セクションを統括することはもちろん、実行委員会全体の幹部も兼ねることになるので、職務を全うできるよう、誠心誠意努めます。
今年の目標は、今まで以上に学生も来場者も楽しめるかえで祭を仲間とともに創り上げること!変革と躍進の年にします!!

【東洋英和を選んだ理由】
心理学と英語のどちらも専門的に学びたいと思い、本学の人間科学科を選びました。共学校から女子大に進むことの不安もありましたが、オープンキャンパスに参加して感じたアットホームな雰囲気や、女子大ならではのきめ細やかな就職サポートに惹かれ、本学への進学を決意しました。

【高校生へのアドバイス】
人生において、大学は通過点に過ぎないのかもしれません。しかし、就きたい職業や、目指す大人になるには、この通過点である大学をどこに決めるかで、その後の人生も大きく変わると思います。そのため、偏差値や大学名だけにとらわれず、自分の将来をよく考えて大学を選んでください。
大学に入ってからは何事にもトライ!勉強も課外活動も遊びも、積極的に取り組むことで充実した華やかな大学生活になります。

(掲載年度:2016年度)

東洋英和に入学してよかった!

梅原榛乃 さん / 国際社会学部 国際コミュニケーション学科 / 4年生 / 静岡県 県立 伊豆中央高等学校出身

先輩

【今一番力を入れていること】
ドイツ語検定1級の資格をとることです。私は、国際コミュニケーション学科の語学留学プログラムを利用して、半年間ドイツに留学しました。帰国してすぐに2級を取得しましたが、1級のレベルにはまだまだ達していないので、空き時間に単語帳を熟読し、現地の友人と連絡を取り続けることで、1級の試験に向けて準備しています。

【東洋英和女学院大学を選んだ理由】
充実した留学制度と、先生と学生の距離が近い少人数制の講義が多くあることに魅力を感じたからです。静岡県出身なので、初めは県内の大学への進学を考えていましたが、東洋英和を調べるにつれ都会への憧れを持つようになり、東洋英和女学院大学に進学することを決めました。

【高校生のメッセージ】
いろいろなことに挑戦でき、経験を積んでいける、東洋英和はそんな場所だと思います。私も、東洋英和に入学したことで、留学や大学案内パンフレットの編集委員を務める機会を得ました。現在作成している大学案内パンフレットは、2016年5月以降に発行になります。私は部活動紹介ページを担当しました。東洋英和への入学を考えているみなさんに、東洋英和の魅力が伝わるように、企画からデザインまで、私たち編集部員が一から考えました。充実した大学生活を送りたい方は、ぜひ資料請求をして東洋英和の大学案内をご覧ください。

※大学より補足※
本学の大学案内はオフィシャルの大学案内の中に、本学学生が学生目線で大学を紹介する大学案内パンフレットがとじ込まれています。梅原さんが担当しているのは、学生目線で大学を紹介する大学案内パンフレットになります。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東洋英和女学院大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

【人間科学科】 CLOSE UP ゼミナール 

小坂 和子 先生 / 人間科学部 人間科学科 心理科学専攻

先生

「 『援助』の臨床心理学と『こころの多様性』 」

「臨床心理学」というと何を思い浮かべるでしょうか。
カウンセリングの心理学、深層心理や精神分析・夢分析、プロファイル、映画や小説の作品。「こころの援助」には、「理論」とともに、「個性」への理解が大切です。海外文献や事例研究で「援助の実際」を学び、箱庭療法や描画療法を実習的に体験します。
また、サブカルチャーや映像・ファッション・マンガなども活用して「現代のこころの多様性」も研究していきます。
「個性」を理解し、皆でぜひ「私らしさ」を発見していきましょう。

(掲載年度:2015年度)

【保育子ども学科】 CLOSE UP ゼミナール 

山下 久美 先生 / 人間科学部 保育子ども学科

先生

「 子どもと自然−自然環境がヒトに与える影響を探る− 」

本ゼミでは、まずゼミ生自身が自然体験をするところからはじめます。
本学の魅力のひとつである豊かな自然に恵まれたキャンパスの森に入り、いろいろな動植物に出会いながら、利用可能な食材や教材を集めて、野草料理や自然工作などを楽しむのです。次にキャンパス内に子どもを招き、学んだなかから自然遊びを子どもたちに提供します。
最後にそのことの意味を深く考え、さまざまな文献を読んで学び、卒論としてまとめていく、それがこのゼミでの2年間です。

(掲載年度:2015年度)

【国際コミュニケーション学科】 CLOSE UP ゼミナール 

福田 保 先生 / 国際社会学部 国際コミュニケーション学科

先生

「 アジア太平洋の地域協力 」

アメリカのアジア太平洋重視政策、中国の台頭、ASEAN共同体の構築など、日本を取り巻くアジア太平洋地域の国際関係は現在大きな変動期にあります。
ゼミでは、これら主要国・組織がそれぞれどのような政策を展開しているのか、それがこの地域の国家間関係にどのような影響を与えるのか、日本はどのように対応しているのか、日本外交は他国ではどのように受け止められているのかといった問題意識を持って学んでいます。英語論文も読みながら、ディスカッションを重視しています。

(掲載年度:2015年度)

▲ 東洋英和女学院大学の先輩・先生情報トップへ

東洋英和女学院大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東洋英和女学院大学のパンフをもらう