立教大学 経済学部の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

埼玉県/東京都 私立大学

立教大学

パンフレットをもらう(有料)

立教大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3985-2660(入学センター)  
URL
http://www.rikkyo.ac.jp/  

経済学部の紹介

  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:605名
  • 年限:4年

国と企業と個人の動きを経済という視点から分析し、次の社会を構想する。

学問の使命は、「真理を追究する」ことです。その目的は、ひとことで言えば「明日を今日より良くする」ことです。経済学部はそのための「学びの場」であり、経済学部における「学び」の対象である経済とは、財(モノ)を生産して流通・消費させ、またサービスを提供することによって人々の暮らしを支える活動です。そこでは「ヒト・モノ・カネ」が結びつく仕組みを解明する経済学の視点が重要であり、その研究と教育が長い間、積み重ねられてきています。

経済学部は、経済の理論と歴史をふまえて個人と企業の行動、社会問題、グローバル化する経済情勢などについて学ぶ経済学科、国民の視点に立って政策の立案・遂行能力を高める観点から、公共サービスと租税、競争促進と規制、地域経済政策等について学ぶ経済政策学科、そして企業の会計と財務・金融市場について学ぶ会計ファイナンス学科が、一体となって運営されています。

学生は、市場経済の仕組みはもとより、政府の役割、社会全体における経済活動の位置づけも含めて、国と企業と個人の動きを経済という視点から分析し、次の社会を構想する力を身につけます。

少子高齢化と格差社会の進行、雇用の不安定化、地域社会の変貌、地球温暖化、災害とエネルギー危機、さらには先進国でも続発する財政金融危機など、経済をめぐる問題はまさに山積しています。経済学を、多様かつ斬新な視点に立って体系的・実践的にとらえる「学びの場」において、多様な知識に基づくしっかりした考え方をもつ人を育てる――それが私たち経済学部です。経済学を学び世の中の動きや仕組みが理解できる。そんな自分を想像しながら、共に経済学部を発展させましょう。みなさんの入学を心からお待ちしています。

卒業後の進路

○就職実績(2014年度)※決定者数の多い企業30社を掲載
(株)みずほフィナンシャルグループ、(株)三井住友銀行、(株)三菱東京UFJ銀行、東京海上日動火災保険(株)、(株)りそなホールディングス、三井住友信託銀行(株)、SMBC日興証券(株)、(株)千葉銀行、(株)武蔵野銀行、(株)LIXIL、あいおいニッセイ同和損害保険(株)、TIS(株)、(株)商工組合中央金庫、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)、三菱UFJ信託銀行(株)、損害保険ジャパン日本興亜(株)、三井住友海上火災保険(株)、東京都特別区、(株)日本政策金融公庫、日本銀行、明治安田生命保険(相)、住友生命保険(相)、JTBグループ、大和証券(株)、(株)横浜銀行、(株)エヌ・ティ・ティ・データ、第一生命保険(株)、伊藤忠テクノソリューションズ(株)、野村證券(株)、東京都人事委員会

めざせる資格・検定

公認会計士 税理士
社会調査士 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 司書
学芸員 社会教育主事

立教大学 経済学部のトップへ

学費

2016年度

入学金 200,000円
学費について 初年度納入金:1,276,500円

※学費の詳細については、下記の立教大学ホームページをご覧ください。
http://www.rikkyo.ac.jp/aboutus/profile/organization/finance_division/expenses/

立教大学 経済学部のトップへ

立教大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
立教大学のパンフをもらう(有料)