法政大学 理工学部 機械工学科 機械工学専修の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

法政大学

パンフレットをもらう(有料)

法政大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3264-9300(入学センター)  
E-mail
NKadm@ml.hosei.ac.jp  
URL
http://nyushi.hosei.ac.jp  

機械工学専修の紹介

  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:113名
  • 年限:4年

ロボットから航空宇宙まで、次世代のものづくりを見据え、あらゆる製造分野を支え、発展させる力を養成

機械工学とは、熱力学、機械力学、流体力学、材料力学を基礎とした機械設計・製作のための学問であり、日本の製造技術分野を支える領域です。機械工学専修では、これらの領域に加えて航空宇宙分野の研究も充実していることが一つの特徴です。
従来の機械工学分野にとどまらず、情報工学、電気・電子工学、経営マネジメント領域までをカバーし、技術開発の可能性を広げます。本学大学院理工学研究科とJAXA(宇宙航空研究開発機構)が、連携大学院協定を締結しており、その研究活動に触れる機会もあります。
また、機材に触れ、自分の目で見て、物の動きや変化を体感することによって、エンジニアとしてのイメージ能力や応用力、感性が養われ、座学への興味と理解も深まると考え、実験科目を充実させています。

めざせる資格・検定

中学校教諭免許状 高等学校教諭免許状
司書 学校図書館司書教諭
学芸員 社会教育主事

法政大学 機械工学専修のトップへ

注目のカリキュラム

個性豊かな6つの履修コース

履修モデルとして、6つのコースを設定。専門性を磨くことで、社会的ニーズの高いさまざまな分野で、リーダーシップを発揮できる創造的エンジニアを育成します。

■ヒューマンロボティクスコース
介護補助のための福祉ロボットなど、人間との関わりを強く持つ次世代のロボットを開発し、発展させる知識と技術を習得。

■マテリアルプロセッシングコース
新素材の開発とその加工法を学び、地球環境にも配慮しながら、先端的加工技術開発に貢献できる人材を育成。

■航空宇宙コース
十分な耐久性、安全性および信頼性が要求される航空機および宇宙往還機などの先端技術を習得。

■環境・エネルギーコース
熱力学や環境工学をコアとしたカリキュラムで、環境にやさしい資源循環型エネルギー社会を構築するものづくりに貢献する人材を育成。

■材料物性・強度コース
機械部品に対する高強度化、軽量化、高機能化などの要求を満たし、信頼性の高い機械を設計することのできる人材を育成。

■デジタルエンジニアリングコース
機械技術者にとって不可欠なCAD/CAM/CAEなどのソリューション技術、PDM/LCM/CEなどのマネジメント技術を習得。

法政大学 機械工学専修のトップへ

学費

2016年度

入学金 180,000円
卒業までの総学費 6,220,000円
学費について 初年度合計:1,690,000円
※上記の他、入学手続時に諸会費約20,000円が必要になります(スポーツ健康学部は別途約38,000円が必要)。また、4年生は、別途すべての卒業生に入会頂く卒業生組織の会費として、校友会費30,000円が必要となります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

法政大学 機械工学専修のトップへ

法政大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
法政大学のパンフをもらう(有料)