文化学園大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

文化学園大学

パンフレットをもらう

文化学園大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3299-2311(入試広報課)  
URL
http://bwu.bunka.ac.jp/  

先輩の声

自分らしさに徹底して向き合えます。

堀米 春寧 さん / ファッションクリエイション学科 / 東京都 私立玉川学園高等部 出身

先輩

子どもの頃からクラシックバレエを習っていて、舞台衣装に携わりたいと思ったのが、ファッションに興味を持ったのがきっかけでした。美術やイラストを描くことにも興味があったものの、服づくりには自信がなく、将来の進路に迷っていた高校生のとき、BUNKAのサマーオープンカレッジでデザイン画の体験講座を受講して、この大学への受験を決心しました。
授業では、服づくりを基礎からしっかり学べるので、縫製が苦手だった私でも、裏地付きのスーツを仕上げることができたのはうれしかったです。グラフィックデザインも学べて表現の幅が広がり、さまざまな技術を身につけることができたと思います。
今はInstagramがきっかけとなり、ファッション雑誌の挿絵を描かせてもらえるようになりました。BUNKAで多くの知識を吸収し、学ぶことができたからだと思っています。服や小物づくり、イラストなど、将来に生かしたいものがいろいろありますが、いかに自分らしさをかたちにしていけるかが今の課題です。

(掲載年度:2017年度)

手を動かしながら学ぶ授業が多いので、「やりたいことができている」という実感があります

長田 隆誠 さん / 東京都 私立足立学園高等学校 出身

先輩

編集やメディアについて学びたいと思ったのがきっかけでBUNKAに入学しました。昔から雑誌が好きで、実践的な授業や課題が多く、毎日“自分が学びたいと思っていることを学べている”という実感があります。また、雑誌のバックナンバーが豊富に揃う図書館も魅力です。目的がしっかりあって個性のある人たちと日々一緒に過ごせるのはBUNKAならではと思います。
授業は、毎回いろいろな課題に取り組む「基礎造形A」が面白いです。この授業は、線を引くことや混色などの色彩感覚、構成やレイアウトなど、造形の基礎的なことを学ぶのですが、ただ話を聞くだけじゃなく課題を通して実際に手を動かしながら学ぶので楽しいです。同じ課題でも人によって全然違うものができあがってくるので、友達の作品に刺激を受けながら一つのものをいろいろな角度から見る意識も身につきました。
今後は課題に取り組むだけじゃなく、例えばインターンシップにも参加し、自分から精力的にいろいろなことにチャレンジしていきたいです。エディターという仕事に興味があるので、将来はさまざまな媒体を使って自分が面白いと思うことを発信できるような人になりたいです。

(2015年3月の取材より/取材時:1年生)

(掲載年度:2015年度)

ファッションを学び、舞台にも関われる。私にとって最高の環境だから、毎日が幸せ。

平吹 梨香 さん / 宮城県 仙台市立仙台青陵中等教育学校 出身

先輩

BUNKAへの入学を決めたのは、高校2年生の時に見た国際ファッション文化学科のファッションショーにとても感動して。「絶対にここでファッションを学びたい!」と心に決めていました。ファッションが好きだし、幼い頃からモダンバレエも習っていて、ここなら自分の力を全部生かせると思いました。
今好きな授業は「ファッション造形学演習TB」。ウール素材でスカートをつくりました。取り入れる技法は決まっていますが、それを守っていればデザインは自由なので、それぞれ好きなように制作できます。私は「ラッピングボックス」をテーマにしたセミタイトスカートをデザイン。基礎の授業だからといってデザインを妥協したくなくて、自分が「思いっきりカワイイ!」と思えるような一着にしました。難しい技法もあったけれど、すごくよい作品になりました。
この学科に入学して一番の思い出は、4年生の先輩が行う「卒業イベント」に、パフォーマーとして参加できたことです。プレッシャーを感じましたが、先輩たちが優しく教えてくれたおかげで頑張れました。これからも卒業イベントやファッションショーなど、イベントには積極的に参加していき、BUNKAでしかできないことを全力で楽しみたいです。

(2015年3月の取材より/取材時 1年生)

(掲載年度:2015年度)

▲ 文化学園大学の先輩・先生情報トップへ

文化学園大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
文化学園大学のパンフをもらう