東洋大学 生命科学部 応用生物科学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

群馬県/埼玉県/東京都 私立大学

東洋大学

東洋大学の入試情報サイトはこちらへ

注)本学では冊子による大学案内を行っておりません。
大学案内は入試情報サイトをご覧下さい。
東洋大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3945-7272(入試部)  
URL
http://www.toyo.ac.jp/nyushi/  

応用生物科学科の紹介

  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:113名
  • 年限:4年

生物の“知恵と力”を利用して人類が抱える諸問題を解決

iPS細胞をはじめとする動物細胞の操作および応用を学ぶ「細胞工学」、品種改良や遺伝子組換え植物で食糧問題解決に取り組む「植物バイオテクノロジー」、微生物を利用して環境浄化・保全の方法を探る「環境微生物学」、バイオマスから再生可能なクリーンエネルギーを開発する「バイオエネルギー」、地球環境の維持や修復を学ぶ「環境修復学」、環境汚染によるヒト健康や環境生物への影響を学ぶ「生態毒性学」など、多様な実践的分野を網羅しています。これらを学べる多数の授業によって、生物の機能を活用できる専門家を育成します。

卒業後の進路

●活躍できるフィールド 〜バイオテクノロジーを活用できる分野へ
次世代の“モノづくり”に関する知識と実践力を生かし、食品関連、環境、エネルギー、創薬・再生医療、化粧品などの関連企業、公務員や教員、大学院進学などの道が想定されます。

めざせる資格・検定

危険物取扱者 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 公害防止管理者
バイオ技術者認定試験 技術士
胚培養士  

東洋大学 応用生物科学科のトップへ

注目のカリキュラム

特色ある初年度教育

学生が入学後の早い時期から教員の専門分野や研究について知り、応用生物科学分野について興味を持つことは、学習意欲の向上につながります。また、学生と教員が気軽に話す機会が増えれば、学生が教員に悩みや要望などを話しやすい雰囲気が生まれ、「大学生活になじめない」といった悩みを抱く学生を減らすことができるでしょう。そこで、本学科では2013年度から『応用生物科学序論』を開講しました。これは応用生物科学科の教員が毎週1〜2名ずつ研究内容の紹介などを行い、学生と教員が相互交流するという授業です。本講義では本学研究施設の見学会も開催しているため、初年度から最先端の研究現場も体験できます。1年次に本講義を受講することで、応用生物科学分野に対する学生の好奇心を刺激し、興味を喚起します。さらにコース選択や4年次からの研究室選択、そして将来の目標を見つけるための参考となる知識を与えることを目的としています。

東洋大学 応用生物科学科のトップへ

学費

入学金 250,000円
卒業までの総学費 5,490,000円
学費について ※ 入学後の履修科目・所属コースによっては、各種実習料が必要となる場合があります。
※ 所定の修業年限を超えた方は、納付金額が変更となる場合があります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東洋大学 応用生物科学科のトップへ

東洋大学に興味を持ったら入試情報サイトへ行こう
東洋大学の入試情報サイトはこちらへ
注)本学では冊子による大学案内を行っておりません。大学案内は入試情報サイトをご覧下さい。