東洋大学 経営学部 経営学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

群馬県/埼玉県/東京都 私立大学

東洋大学

東洋大学の入試情報サイトはこちらへ

注)本学では冊子による大学案内を行っておりません。
大学案内は入試情報サイトをご覧下さい。
東洋大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3945-7272(入試部)  
URL
http://www.toyo.ac.jp/nyushi/  

経営学科の紹介

  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:316名
  • 年限:4年

経営を世界視野で学び国際基準のビジネスパーソンを養成

企業活動のあらゆる側面を研究対象とする「経営学」は、円滑な企業経営を展開するために必要な知識と技術を養うための学問です。
経営学の基礎理論を身につけたうえで、現代の経営課題を読み解き、実践的な経営手法で解決策を示します。専門性の高い研究に主体的に取り組むことで、アカデミックな知力だけでなく、社会人として必要な広い視野と思考能力も身につけられるのが、「経営学」の魅力です。

卒業後の進路

●活躍できるフィールド 〜経営の知識は大きな強み
中小企業診断士、会計士、税理士などの資格取得や、実社会で通用する専門知識と能力を生かし、卸売・小売業、金融・保険業、サービス業、情報通信業など、さまざまな業界でスペシャリストとして活躍できます。

めざせる資格・検定

ファイナンシャル・プランニング技能検定 中小企業診断士
宅地建物取引士 公認会計士
税理士 日商簿記検定
リテールマーケティング(販売士)検定 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 社会福祉主事
行政書士 社会保険労務士
証券アナリスト 情報処理技術者

東洋大学 経営学科のトップへ

注目のカリキュラム

基礎実習講義

新入生教育の一環として春セメスター(半期)に行われる、必修科目としての授業です。内容やそのやり方は極めてユニークで、経営学科の名物科目のひとつでもあります。この科目には以下のような目的・特色があります。

●経営学の初学者のためにデザインされたオリジナルの授業
経営学の初学者のための授業で、経営学の基本的な知識や方法を確実に身につけると同時に、経営学を学ぶ面白さを体感することを目的としています。具体的には、経営学の中でも根幹である「統計」「戦略分析」「企業分析」の3つの領域を対象とします。

●密度の高い少人数教育
1年生全体を9コースに分け、各コースには2人以上の教員、さらには学生アシスタントを配置し、少人数クラスでの密度の高い指導を行います。これにより個々の質問や疑問にもきめ細かく対応し、個別の指導にも万全を期しています。

●学生間・学生と教員の対話を重視・社会人基礎力の強化も
毎回の授業では、与えられた課題に対して学生が互いに議論しながら主体的に取り組みます。また、この学生相互の対話のみならず教員との対話も重視し、単に学問的知識や経営学の方法や概念を身につけるのみならず、世の中に出るにあたってのスキル、社会人としての必要とされる基本的な態度や能力もここで身につけてもらいます。

経営学科では、このようなやり方を通じて、入学直後の新入生の不安な気持ちを払拭するとともに、大学生活や大学での勉強にスムーズに馴染めるよう、学生を全面的にサポートしています。

東洋大学 経営学科のトップへ

学費

入学金 250,000円
卒業までの総学費 3,890,000円
学費について ※ 文学部史学科・経済学部第1部・経営学部に入学される方は、学会費が別途必要となります。(文学部史学科は6,000円、経済学部第1部は1,000円、経営学部第1部は4,000 円、経営学部第2部は6,000円)
※ 入学後の履修科目・所属コースによっては、各種実習料が必要となる場合があります。
※ 所定の修業年限を超えた方は、納付金額が変更となる場合があります。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東洋大学 経営学科のトップへ

東洋大学に興味を持ったら入試情報サイトへ行こう
東洋大学の入試情報サイトはこちらへ
注)本学では冊子による大学案内を行っておりません。大学案内は入試情報サイトをご覧下さい。