東邦大学 医学部 医学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

千葉県/東京都 私立大学

東邦大学

パンフレットをもらう

東邦大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-5763-6598(入試事務室)  
E-mail
nyushi@toho-u.ac.jp  
URL
http://www.toho-u.ac.jp/  

医学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:115 【本学付属高校からの進学者】【千葉県地域枠 5名含む】
  • 年限:6年

医学科

一般教育、基礎医学、そして臨床医学と続くカリキュラムでは、とくに臨床実習に重点を置いています。実習は医療センター3病院、大森キャンパスに隣接する大森病院、東京都渋谷に近い大橋病院、千葉県の佐倉病院の合計約1900床という施設で、充実した臨床実習を行います。さらに国際化にも対応し、希望者には海外臨床実習を実施。また教員数は全国でもトップレベルを誇り、質の高い教員と親密にコミュニケーションができる教育体制を整え、豊かな人間性と高い教養をもつ良き臨床医の育成を行っています。


◆人としての感性を磨く全人的医療人教育◆

患者さんの仕事や生活、家族にも配慮し、適切な医療が行えるように、「人間性教育科目」を設置。1 年次から臨床の現場に立つ機会を設け、患者さんの思いをよく理解することをめざします。医師としての責任を果たすべく、自ら考え、学び、課題を解決する力を身につけます。


◆生涯学び続ける姿勢を育む自主性重視の教育◆

医師として生涯学び続けるためには自主性を身につけることが欠かせません。小グループでの課題解決型テュートリアルや、学生がゆとりを持って自主学習に取り組める「F T(フレキシブルタイム)」など、学生の自主学習を促進する体制を整えています。


◆充実した実習を支える最先端の施設・設備◆

マルチメディア化した解剖学実習室「バイオストラクチュラル・リソースセンター」や、さまざまな診療・処置、救命やチーム医療の技術の修得のため、モデルを用いて学ぶ「シミュレーションラボ」など、最先端の設備を備え、学生の意欲的な学びを支えています。

卒業後の進路

◆臨床医へ

医学部の6年制課程を修了し、国家試験に合格すれば医師免許を取得することができます。それ以降の進路としてまずあげられるのが、臨床医をめざして卒後臨床研修に進むケース。本学卒業生の多くはこちらの道を選択します。臨床医になるためには、現代の高度先進医療に対応できる知識・技術とともに、全人的に患者さんに対応できる優れた人間性、倫理観などが求められます。そのため、卒業後は研修医として2年間の「前期臨床研修」と3年目以降の「後期臨床研修」を経験することで、医師としてのスキルを磨いていきます。前期・後期とも「良き臨床医」育成の一貫として位置付けられています。


  →卒業生の前期臨床研修病院進路先

  東邦大学医療センター(大森病院・大橋病院・佐倉病院)
  東邦大学前期連携病院
  他大学病院
  臨床研修病院


◆医学研究者へ

医師免許を取得後、もう一つの進路としてあげられるのが、基礎医学や臨床医学の研究に携わる研究者となる道です。疾病のメカニズム解明や先進的な治療方法の研究開発などに取り組み、高度化・専門化する現代医療の発展に貢献する役割を担っています。東邦大学は、医学部の教員や大学院生、研究生などが利用できる共同実験施設(総合研究部)を設置し、個人やグループの活発な研究活動を支援しています。分野を越えた統合的・総合的視野で、相互に討論を進め、そこから共同研究に進展することもあり、研究活動の飛躍的向上をめざすなど、研究分野の方面からも医療の発展にも貢献しています。


  →大学院へ

「医学専攻博士課程」と「医科学専攻修士課程」が設置され、幅広い知的バックグラウンドを持ったうえで、医学・医療分野で研究を積み、深い洞察力と幅広い視野を持った高度専門職業人の養成をめざしています。医学部医学科の卒業生は、博士課程に進学できます。博士課程は、1961年に設置され長年の歴史を持ち、医学に関する学術論および応用に関して教授し、優れた専門医や研究者、大学教員などを数多く輩出しています。博士課程への進学には大きく分けて(1)医学部卒業後研修医として2年間の前期臨床研修を終え、専門分野の高度な臨床研究を行う(2)基礎医学研究をめざし、研修医を経ずに進学する、という2つがあります。

めざせる資格・検定

医師  

東邦大学 医学科のトップへ

注目のカリキュラム

選択型臨床実習〈6 年次〉

注目のカリキュラム
●選択型臨床実習〈6 年次〉

 ★実習の舞台は、国内はもちろん海外にも★

将来の希望に合わせて診療科を選択し、実習を行います。クリニカルクラークシップ( 診療参加型臨床実習)によって、実践的に診療・治療の知識・技術と患者さんへの対応力を養い、卒後臨床研修に対応できるスキルを身につけます。実習先は3 つの付属病院のほか、提携医療施設・大学付属病院から選べ、国内では4 大学( 東邦・慈恵・昭和・東京医科)の実習交流が盛んです。また、語学・医学に関する試験に合格すれば、米国、英国、ニュージーランド、中国、タイなど学術交流協定を結んだ大学から選択でき、国際的な視野と技術に触れられます。

東邦大学 医学科のトップへ

学費

2016年度予定

入学金 1,500,000円
卒業までの総学費 25,800,000円
学費について 2013年度入学者より、医学部の学費が下がりました。6年間総額600万円減額。

学費以外の委託徴収金
 学生教育研究災害傷害保険料 7,800円
 青藍会(父母会)費 300,000円
 学生自治会費 90,000円
 同窓会費 100,000円
 合計 497,800円

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

東邦大学 医学科のトップへ

東邦大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東邦大学のパンフをもらう