中央大学 法学部 法律学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

中央大学

パンフレットをもらう

中央大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
042-674-2144(入学企画課)  
E-mail
k@tamajs.chuo-u.ac.jp  
URL
http://www.chuo-u.ac.jp/  

法律学科の紹介

  • 募集定員:840名

紛争を解決するしくみを知れば、人と社会を深く理解できる。

法律家は、人権感覚や国際的素養を基礎に、社会問題を「自分の頭で」考えられるようにならなければ通用しません。さらに、憲法・民法・刑法などの法律科目だけでなく、歴史・哲学などの幅広い教養、コミュニケーション能力としての語学等を身につけることも重要です。法律学科では、教養・語学等の科目を含む導入・基礎科目、それらを発展させた応用・発展科目によってカリキュラムが構成され、通常の講義以外にも、1年次から設けられている少人数のゼミ、実務法曹による講義、インターンシップ、課外の法職講座・公認会計士講座等々、進路に応じた勉強ができる多様な授業を用意しています。

●ゼミのテーマ(一例)
憲法解釈の基本問題/民事訴訟法の重要判例と基本問題/現代社会の犯罪と刑罰/生命倫理と法/高齢社会における民法の役割/社会保障制度の現代的課題/企業法( 商法・会社法等)の基礎理論と重要問題の研究
※法学部で開講しているほとんどの専門演習は、学科に関係なく履修することが可能です。

●学びの目標
1.法曹(裁判官・検察官・弁護士)をめざすための法的知識や論理力、思考力を高める
2.あらゆる行政部門において必要とされる法運用能力を身につける
3.国際化に対応できる総合的法学知識を学び、外国語運用能力を習得する

卒業後の進路

法科大学院進学や公務員への就職者数の多さが法学部の大きな特徴です。その他、金融・保険業、製造業などへの就職も多くあります。就職決定率は、ほぼ100%を誇ります。

(主な就職先)
みずほフィナンシャルグループ、国税庁、東京都庁、三菱東京UFJ銀行、損害保険ジャパン、財務省、日本銀行、りそなホールディングス、最高裁判所、警視庁 他多数

中央大学 法律学科のトップへ

注目のカリキュラム

法律専門職養成プログラム

注目のカリキュラム
将来、法律専門職や法科大学院への進学を希望している学生を対象として「法律専門職養成プログラム」を開講しています。本プログラムは3年次以上が対象で、「実定法特講」2科目と「法曹特講」2 科目の計4 科目を春学期から秋学期にかけて体系的に学修する発展的なプログラムとなっています。「実定法特講」は、専門科目(憲法・民法・刑法・行政法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)の知識を確実に身につけ、実践的な運用能力を得ることを目的とした講義科目であり、「法曹特講」は「実定法特講」で身につけた能力をさらに深化させ、問題点の抽出、分析を行うこと、ならびに論文作成能力の向上をめざしたゼミ形式の授業です。

中央大学 法律学科のトップへ

中央大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
中央大学のパンフをもらう