川村学園女子大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

千葉県/東京都 私立大学

川村学園女子大学

パンフレットをもらう

川村学園女子大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
04-7183-0114(事務部入試広報)  
URL
http://www.kgwu.ac.jp/  

先輩の声

保育を学ぶ先輩から後輩へ

T.N. さん / 教育学部 幼児教育学科 / 茨城県立土浦湖北高等学校出身 /千葉県立銚子高等学校出身(T.R.さん)

先輩

 幼児教育学科の先輩方が代々後輩をサポートしている、伝統ある素敵な幼児教育サークルがONEです。活動は週1回。保育実習や教育実習が迫ってくると、先輩方が事前にアドバイスしてくれたり、就職活動についてのありのままも教えてもらえます。実習についてはもちろん授業でも準備しますが、後輩の不安を細かく取り除いてくれるのがONEの先輩方。手遊びやペープサートなどもあれこれ教えてもらえます。学園祭では毎年テーマを決めて子ども達が遊べる部屋を作っています。今年も趣向を凝らし、子どもたちに喜んでもらいました。これからは私たちが後輩を応援する番です。

※ONE…「ワン」は個人一人ひとりを大切にする「おね」おねえさまから命名。

(掲載年度:2016年度)

【インターンシップ】イメージとは大いに違った!営業の魅力を知ることができた

T.A. さん / 文学部 史学科 / 千葉県立小金高等学校 出身

先輩

 学芸員の勉強をしていることから、博物館のパンフレットやポスターの印刷も手掛ける弘文社に関心を持ち、インターンシップに行きました。DTP部門で名刺を作成したり、商品の見積りや荷物の梱包など、幅広い業務を体験させてもらいました。中でも印象的だったのは営業の方に同行させてもらった外回りです。営業の仕事は数字ありきで受注を成立させることがすべてと思っていました。しかし実際は取引先と話し合い、よりよいものを一緒に作っていく立場にあることを知りました。そんなやりとりから、私も人とたくさん関わる仕事をしたいと考えるようになりました。

(掲載年度:2016年度)

2020年東京オリンピック・パラリンピックで日本のおもてなしを提供したい

Y.M. さん / 生活創造学部 観光文化学科 / 株式会社東急ホテルズ(配属:渋谷エクセルホテル東急) (2016年3月卒業)

先輩

 在学中はアルバイトでお金を貯め、アメリカ、ハワイ、ニュージーランド留学と、世界を旅しました。「観光文化(アメリカ)」の授業で50州を学び、その知識を持ち訪ね歩いたアメリカの旅は特に印象的でした。こうした経験やホスピタリティの授業、そして旅行を想定した英語の授業などを通して、就職活動はホテル業界に絞って挑戦しました。これからは2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一流のホテルマンとして活躍できるよう、英語の上達もめざし研鑽を積みます。

(掲載年度:2016年度)

▲ 川村学園女子大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

川村学園女子大学の「建学の精神」

熊谷 園子 先生

 川村学園女子大学は、29年目を迎えましたが、本大学の基礎となる川村学園は、大正13年に発足し、以来、90年以上女子教育に専念してきました。創立者の川村文子が女子教育に携わる直接のきっかけは、大正12年に起こった関東大震災でした。このときの社会復興の活動のなかで、女性の働きが社会にとってどれだけ大切か痛感されたのでした。川村文子が建学の精神として中心に捉えたのは、「感謝の心」を基盤とした「自覚ある女性」の育成と「社会への奉仕」でした。川村学園女子大学もこの理念を受け継ぎ、社会において真に必要とされる女子の人材育成を目指しています。

(掲載年度:2016年度)

KAWAMURAがみなさんを応援します!

西川 誠 先生

 川村学園女子大学は、3つの学部と大学院(修士課程・博士課程)を持った女子の文科系総合大学です。女性が生涯に亘って社会で働くことが普通になってきた社会において、女性のもてる力をフルに発揮できるよう、豊かな教養と高度のスキルを養います。充実したキャンパスライフのため、教員・事務職員・上級生が一体となって日常的なことから学習・就職の問題まで親身になってお世話するサポートシステムを築いています。社会に出ていく前の、4年間をともに学びながら、人間としての基礎力を強化し、ライフロングで見た人間と社会に関する柔軟な思慮と適応力を育てていきます。

(掲載年度:2016年度)

▲ 川村学園女子大学の先輩・先生情報トップへ

川村学園女子大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
川村学園女子大学のパンフをもらう