江戸川大学 メディアコミュニケーション学部 情報文化学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

千葉県 私立大学

江戸川大学

パンフレットをもらう

江戸川大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-440-661(入試専用ダイヤル)  
E-mail
nyushi@edogawa-u.ac.jp  
URL
http://edodai.jp  

情報文化学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:80
  • 年限:4年

関東有数のICT環境の中、実践的なスキルを身につけ、今後のIT社会で勝てる人材を育成する

プログラマー、SE、Webデザイナー、CG・ゲームクリエイター等になるための知識や技術だけでなく、ネットビジネスや実践的な英語を学び、これからのIT社会で勝てる人材を育成します。独自のキャリア支援教育プログラムで高い就職率を達成。

【情報コミュニケーションコース】
インターネットで世界中がつながる現在は、コンピュータを使いこなすスキルと情報を結びつけ、活用する幅広い視野を持つことが重要です。プログラミングのほか、Webアプリケーションシステムの構築、またCGやDTP、マルチメディアを活用したデジタルクリエイティブのテクニックを学びます。

【 国際コミュニケーションコース】
ビジネスシーンが国内外に広がる現在、国際言語としての英語でコミュニケーションできる人材が求められています。PCの基本的なスキル、国際関係やビジネスに関する知識を深めながら、プレゼンテーションなど実践的な英語力と異文化を理解する広い視野を獲得し、国際的に展開する分野での活躍を目指します。

【ネットビジネスコース】
インターネットを介したビジネスは従来のビジネスを革新する可能性に満ちていますが、人と人との関係によって成立しているという点では変わりません。ICTに関する知識やスキルに加えて、関連する法律やマーケティング、会計、経営など、幅広く学びながら、ICTを活用した事業の展開に貢献する人材を目指します。

<<将来の仕事>>
情報処理 (システムエンジニア、プログラマー、Webデザイナー、CG・ゲームクリエイター)/商社・銀行/小売/運輸/セキュリティ/ホテル・旅行会社/中学・高校教員/大学職員 など

卒業後の進路

【2016年卒業生】
海上自衛隊、東京地下鉄、NHKメディアテクノロジー、LIXILビバ、サンソウシステムズ、セントラル警備保障、エイチ・アイ・エス、ソルパック、楽天ソシオビジネス、ソルパック、ジョイフル本田、アサヒ・ドリーム・クリエイト、アベルコ、ピーエスシー、ジェイド情報システム、ティ・オー・エス、PCデポコーポレーション、総合守谷第一病院、イー・ビジネス、ジョイネット ほか

【2015年卒業生】
NHKメディアテクノロジー、富士ソフト、日本ビジネスシステムズ、東邦システムサイエンス、インフォメーションクリエーティブ、広域高速ネット二九六、東京地下鉄、ちば東葛農業協同組合、H.I.S.、LIXILビバ ほか

【2014年卒業生】
大塚商会、TDCソフトウェアエンジニアリング、ラオックス、ソルパック、フジソフトウェアサービス、フォーカスシステムズ、ティ・オー・エス、ディ・アイ・システム、富士ソフト、ソフトキリング、西鉄物流、千葉トヨペット、トヨタ東京カローラ、ヨドバシカメラ、くすりの福太郎、サカイ引越センター、綜合警備保障、ジャパンケーブルネット ほか

【2013年卒業生】
鹿島埠頭、シンコウ企画、新明電材、太平ビルサービス、大和冷機工業、トヨタ東京カローラ、日産プリンス埼玉販売、TDモバイル、アプレ、イワイ、グローアップソリューションズ、ソルパック、ダイヤモンドダイニング、ティ・オー・エス、デイライン、テクノス、ビックカメラ、ビッグモーター、建通エンジニアリングサービス、千葉商科大学 ほか

めざせる資格・検定

基本情報技術者試験 ITパスポート試験
CGクリエイター検定 マルチメディア検定
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS試験) インターネット検定ドットコムマスター
Excel表計算処理技能検定試験 Word文書処理技能認定試験
Webデザイナー検定 P検-パソコン検定試験
実用英語技能検定 TOEIC(R)テスト
TOEFL(R)テスト 観光英語検定
中学校教諭免許状 高等学校教諭免許状
学芸員 社会福祉主事
児童福祉司  

江戸川大学 情報文化学科のトップへ

注目のカリキュラム

プログラミング

注目のカリキュラム
お気に入りのサイトやSNSを利用するときにはウェブブラウザ、メールを送るときにはメールソフト…というように、目的に応じて、私たちはいろいろなソフトウェアを利用しています(ケータイやスマホの「アプリ」も、その一種ですね)。こうしたソフトウェアを制作するには、コンピュータの能力を活用し、正しい結果が効率的に導き出せるしくみをつくり、さらに操作しやすいデザインも考える必要があります。難しいことのように思われがちですが、コンピュータもソフトウェアも、そもそも人間が考え出した技術ですから、誰にでも必ず理解できるものです。江戸川大学では、一人に一台貸与されているノートパソコンを利用し、そのしくみを基礎から着実に学ぶことができます。そして機能的なソフトウェアをつくるためには目的を整理し、筋道を立てて考えることが大切です。これは、ものごとを理解し、他者にわかりやすく伝えようとするときにも役立つ力です。

マルチメディア実習室には約150台のハイスペックPCを設置。CG、Web、動画編集等の本格的なスキルが磨ける環境を整えています。

江戸川大学 情報文化学科のトップへ

学費

2017年度予定

入学金 320,000円
学費について ■初年度納付金額:1,449,000円(入学金・前期授業料・後期授業料)
■2年目以降納付金額:1,123,000円

江戸川大学 情報文化学科のトップへ

江戸川大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
江戸川大学のパンフをもらう