ものつくり大学 技能工芸学部 建設学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

埼玉県 私立大学

ものつくり大学

パンフレットをもらう

ものつくり大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
048-564-3816(入試課)  
E-mail
exam@iot.ac.jp  
URL
http://www.iot.ac.jp/  

建設学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 募集定員:150名

本物をつくるから得られる知識。実務を体験するから備わる力。未来の暮らし・社会を支える人材になる。

建築物とは人々が暮らす生活空間であり、都市を形づくる機能であり、未来につながっていく環境でもあります。手掛ける建築物の大小はあっても、そこに注がれる技術や知識は、多様な要素を秘めています。それら建設に関わる多様な要素を、実習を通じ、建設の「リアル」を感じながら学んでいきます。

卒業後の進路

清水建設、福田組、京急建設、前田道路、日特建設、東鉄工業、アーネストワン、ポラス、ホーチキ、魚津社寺工務店、小西美術工藝社 ほか多数

めざせる資格・検定

一級建築士 二級建築士
木造建築士 測量士
測量士補 建築設備士
建築施工管理技士 建築CAD検定
管工事施工管理技士 土木施工管理技士
造園施工管理技士 ガス溶接技能者
インテリアプランナー キッチンスペシャリスト
インテリア設計士 エクステリアプランナー
照明コンサルタント 土地家屋調査士
不動産鑑定士 宅地建物取引士

ものつくり大学 建設学科のトップへ

注目のカリキュラム

全ての実習科目が本格的

注目のカリキュラム
ものつくり大学建設学科の実習科目は全て本格的です。模型やシミュレーションにとどまらず、原寸大の実物をつくります。木造系では、戸建住宅や東屋、さらに江戸時代の本物の寺院の再建まで。コンクリート・鉄筋系では、校舎をつなぐ本物の連絡橋などを建設するなど。実物をつくる授業をとおして、実践とのつながりのなかで理論や知識を定着させ、技術を身につけます。

ものつくり大学 建設学科のトップへ

学費

入学金 300,000円
卒業までの総学費 5,100,000円
学費について 入学金30万円のほか、年間の学費120万円(授業料88万円+実験実習費16万円+施設整備費16万円)です。年間の学費は、1年生から4年生まで同額です。上級年次に追加費用は発生しません。また、特待生は年間授業料88万円が全額または半額免除されます。大学独自の奨学金制度は全て給付制で返還不要であり、その中でも「ものつくり大学生活支援奨学金」は高校3年生の夏に事前申請をすることができます。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

ものつくり大学 建設学科のトップへ

ものつくり大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
ものつくり大学のパンフをもらう