群馬医療福祉大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

群馬県 私立大学

群馬医療福祉大学

パンフレットをもらう

群馬医療福祉大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-870-294(代)  
E-mail
nyushi@shoken-gakuen.ac.jp  
URL
http://www.shoken-gakuen.ac.jp  

先輩の声

ボランティアを通しての「発見」が多い

長野 冬弥 さん / 社会福祉

先輩

 私は将来、多くの人の役に立つ社会福祉士になるために日々の勉強や大学生活に励んでいます。自宅だけでなく授業の空いている時間なども利用し課題に取り組み、サークル活動やアルバイトなどを通じて、様々な経験を積んでいます。本学では福祉に必要な知識や技術を身に付けるためにボランティア活動が必修となっています。ボランティア活動では様々な年代の方との交流もできるのでいい経験になります。これからも感謝の気持ちを忘れずに大学生活を送っていきたいと思います。

(掲載年度:2017年度)

環境が良いから成長できる

山田 佳奈 さん / 看護学科

先輩

看護学部は、アットホームで和やかな雰囲気です。勉強は専門科目が多く、課題や試験などは大変ですが、クラスの仲間と励まし合いながら頑張っています。
 また、病院での実習も何度か経験させていただきました。初めは、実際の医療現場での仕事に緊張し、患者様とのコミュニケーションが硬くなってしまいましたが、実習担当の先生が親身になって励ましてくれたので、とても心強かったです。国家試験全員合格を目指して頑張ります。

(掲載年度:2017年度)

たくさんの方の笑顔を見るために

渡邊 麻由 さん / 理学療法専攻

先輩

私は理学療法士になりたいという夢を叶えるため、日々勉学に励んでいます。想像していた以上に忙しい毎日ですが、同じ目標を持つ仲間と共に勉強したり、休日に遊んだりとメリハリをつけ充実した学生生活を送っています。
 臨床現場に出た際に、患者様に良いリハビリを提供できるよう知識や技術はもちろんのこと、コミュニケーション能力を高めていきたいです。そして、少しでも多くの方を笑顔にできる理学療法士になりたいです。

(掲載年度:2017年度)

▲ 群馬医療福祉大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

学生との対話を重視しています

宮本 雅央 先生 / 社会福祉学部

先生

 生活する上で起こるさまざまな問題を分析する方法や、その人の生活を整えていく考え方を身に付けるための授業を担当しています。学生の興味や関心を取り入れられるように、対話重視型の授業を目指して取り組んでいます。
 生活や問題も人それぞれですから、その人の生活を整えていく過程はとても挑戦的で創造的な営みです。学生には「実際に何かに取り組んでみたい」「できることを増やしたい」などの前向きな意欲を持って一緒に挑戦してもらいたいです。

(掲載年度:2017年度)

患者様の心に寄り添える専門職者を養成

源内 和子 先生 / 看護学部

先生

 看護は、限りなく未来のある職業です。看護の対象は人間であり、新生児から高齢者まであらゆるライフステージの人々が対象となります。その一人一人の心に寄り添える優しさを備えた看護の技の提供者として、万全な対応が可能なように看護専門職者としての知識、技術、態度を養っていくことが必須です。本学の建学の精神である「専門力」と「人間力」を培っていただくためにも、看護の「技」と「心」を磨いていきましょう。

(掲載年度:2017年度)

多くの経験があなたを成長させる

悴田 敦子 先生 / リハビリテーション学部

先生

 作業療法士は、子どもから高齢者まで様々な年代の方の「生活」に関わる仕事です。私が対象としている高齢者の方々は、様々な生活・経験を積み重ねて現在があります。単に身体的な機能を回復すれば、本人が満足する生活が送れるとは限りません。その方の生活歴や価値観、環境など様々なことに目を向け、対象者と向き合うことが大切だと考えています。そのためにも、医学的知識はもちろんのこと、作業療法士自身が様々な事を経験し、人として豊かな感性を持つことも大切です。たくさん遊び、たくさん学ぶ。大学生として多くの経験からたくさんのことを学んでください。

(掲載年度:2017年度)

▲ 群馬医療福祉大学の先輩・先生情報トップへ

群馬医療福祉大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
群馬医療福祉大学のパンフをもらう