稚内北星学園大学 情報メディア学部 情報メディア学科の情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立大学

稚内北星学園大学

パンフレットをもらう

稚内北星学園大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-311014  
E-mail
info@wakhok.ac.jp  
URL
http://www.wakhok.ac.jp/  

情報メディア学科の紹介

学部・学科・コース情報
  • 昼夜通信:
  • 別学・共学:共学
  • 年限:4年

情報テクノロジーコース 地域デザインコース メディア表現コースビジネス観光コース 数学教育コース

●情報テクノロジーコース
情報処理技術者試験などの合格を念頭に、プログラミング・情報セキュリティ・ネットワーク・データベースなどの知識・技術を幅広く習得します。
また、ICT(情報通信技術) を使って地域の課題を解決するプロジェクトを通して、実践力を身につけます。卒業後はICT エンジニアや情報系大学院への進学を目指しています。
●地域デザインコース
生涯学習・環境問題・都市計画などについて学び、ICT を利活用したまちづくりに関する多様な能力を身につけます。社会教育主事任用資格を取得できます。
卒業後は地方公務員や農協・漁協のほか、社会教育関係団体、環境・建設系企業など多様な業種を目指すことができます。
●メディア表現コース
情報を蓄積・整理・提供する学問である図書館情報学と、そうした情報を他者に伝達するためのデザイン力や表現力、そして情報の提供や表現の社会的な役割について学んでいきます。司書および司書教諭の資格を取得できます。
卒業後はWeb デザイナー、広告・映像の制作と配信などのデジタルコンテンツ制作、新聞・出版・図書館系などの職種を目指します。
●ビジネス観光コース
情報化・グローバル化に対応した企業経営や観光事業を担う人材を育成します。
稚内というロケーションを活かしてロシア語や英語の学習に力を入れます。また、観光の現場でフィールドワークを重ねながら、経営・金融・簿記などの企業経営の実務を学んでいきます。
卒業後は、ICT と経営的な視点を持ったビジネスマンとして、民間企業や観光業といった職種を目指します。
●数学教育コース
中学・高校の教員を目指すコースです。本学では数学(中学校・高校)と情報(高校)の教員免許状を取得できます。大学周辺の小学校・中学校・高校でのさまざまな学習支援活動に参加しながら、実践力を高めます。
卒業後は教員のほか、教育関連企業への就職や数学を専門的に学ぶ大学院への進学を目指します。

卒業後の進路

(主な就職先 2001年度卒〜)
ドコモシステムズ/伊藤忠テクノサイエンス/CTCテクノロジー/ネットワンシステムズ
アンフィニ/丸善ワタナベ/北海道銀行/北洋銀行/稚内信用金庫/稚内市役所/札幌市役所/枝幸町役場/豊富町役場/中頓別町役場/利尻町富士町役場/稚内商工会議所/札幌商工会議所/名寄商工会議所/稚内農業協同組合/稚内漁業協同組合/宗谷漁業協同組合/北宗谷農業協同組合/南宗谷農業協同組合/稚内振興公社/稚内体育協会/武修館中学高等学校/旭川藤女子高等学校/江陵高等学校/江陵高等学校北広島西高等学校/浜益高等学校/稚内南中学校/余市町旭中学校
(主な進学先 2005年度卒〜)
北海道大学大学院(4名)/筑波大学大学院(2名)/室蘭工業大学大学院/信州大学大学院/岩手県立大学大学院/大正大学大学院/北海道教育大学大学院/北陸先端科学技術大学院大学/名古屋大学大学院/都立産業技術大学院大学/札幌大学大学院/武蔵大学大学院

めざせる資格・検定

基本情報技術者試験 ITパスポート試験
応用情報技術者試験 実用英語技能検定
TOEIC(R)テスト 中学校教諭免許状
高等学校教諭免許状 司書
学校図書館司書教諭 社会教育主事

稚内北星学園大学 情報メディア学科のトップへ

学費

2017年度予定

入学金 200,000円
卒業までの総学費 4,649,000円
学費について 第一年次
入学金 200,000円
授業料 700,000円
教育充実費 200,000円
諸経費 14,000円
総計 1,114,000円

教職課程履修者(選択者のみ)
教職課程履修費 15,000円

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。

稚内北星学園大学 情報メディア学科のトップへ

稚内北星学園大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
稚内北星学園大学のパンフをもらう