月々の職員室 1月の職員室

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

月々の職員室

1月の職員室
高校教員 K先生 2018年1月24日(水)

 心を込めた手書きメッセージを書きこんだキットカットを持って、センター試験の応援に行ってきました。以前とは違って、一つの高校でも会場が数箇所に分かれたり、さらに受験科目により会場入りの時間がバラバラだったりと、多くの生徒に声を掛けることができなくなったのは寂しいですね。
 さて、今年の年末年始は宮城県の石巻で過ごし、北上川沿いにある「釣石(つりいし)神社」に行ってきました。ご存知でしょうか? 石巻市や石巻観光協会の公式サイトに目を惹かれる写真がありますので、ぜひご覧になってください。
 「釣石」とは不思議な名前ですが、その由来は、山の中腹にある御神体の巨石(周囲が約14mもあります!)から来ているそうです。急斜面から丸い巨大な石が飛び出し、今にも転げ落ちそうな状態なのに、何故か落ちることなくそこに留まっているのです。
 もともと釣石神社の祭神は「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」で、出世・知恵・学業の神様なのですが、昭和53年の宮城県沖地震でもビクともしなかったことから、「落ちそうで落ちない受験の神様」として有名になったそうです。さらに、記憶に新しい平成23年の東日本大震災にも耐えたことからますます人気が上がり、全国から合格祈願者のお参りが続いているそうです。
 交通の便が悪いところですが、私が行ったときにも受験生らしき高校生や中学生が家族と共にお参りをしていました。もちろん私も生徒の合格祈願をしてきました。
 境内の頂まで登ると、北上川の河口である追波(おっぱ)湾、そして太平洋が望めるのですが、震災の時に牙をむいた海とは思えないほど、とても穏やかな景色が広がっていました。
 チャンスがありましたらぜひ一度御参りに行かれてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

高校教員 K先生
都内の某中堅私立高校に勤務する50代教員。今年度は、学年主任として、仕上げの学年である高3の担当。進路の話を中心にコラムを執筆。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター