進路コラム 歩くルーブリック(「ぼうず通信」より)

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

進路コラム

歩くルーブリック(「ぼうず通信」より)
東京都立秋留台高等学校 校長 磯村元信 2018年1月17日(水)

ある先生がはるか彼方を指さし、
あそこを目指して走れと指示します。
生徒は一斉にその方向に走ろうとはしますが
いまひとつ方向や走り方が定まらず、
意欲的に走る生徒もいません。

そこで先生は考えます。
ゴールに目印(学習の目標やめあて)を立て、
走るコースにライン(授業規律)を引き、
そこからはみ出さないように目印を目指すように指示します。
さらに、どうすればうまく走れるか、走り方のポイント(学び方)を教え、
走った後を振り返る(学習の振り返り)ように指示します。

次に先生は考えます。
生徒にはどういう走る姿(学ぶ姿)が好ましいのか、
ABCの評価表(ルーブリック)を走る前に渡し、
走った後に自己評価をさせます。
これで生徒の走る方向や走り方は定まりますが、
それでも立ち止まったり、蛇行しながら走る生徒がいます。
そこで立ち止まったまま動けない生徒や
コースを無視して走る生徒を抜き出して特別コース(通級)を用意します。

さらに先生は考えます。
ただ一斉に走るだけでなく、
リレーや駅伝のように仲間の力を借りてみてはどうかと。
そこでグループをつくり、バトンを渡し、
仲間と一緒にゴールを目指す(グループワーク)ように指示します。
グループごとにバトンの渡し方、
走る順番を工夫させることで、
多くの生徒が自主的・主体的に走るようになります。
ただグループごとの取り組みに差があることが気になります。

そこで先生は考えます。
生徒の走力や特性を考慮し、
グループのメンバーの構成を工夫します。
さらに、仲間にアドバイスできなければ:C、
仲間の改善点を指摘できたら:B、
自分の工夫したことを仲間に教えられたら:Aなど、
グループワークの評価表(ルーブリック)を生徒に渡し、
グループ内で相互の取り組みを振り返る
(グループの自己評価、相互評価)よう指示します。

これが授業改善のストーリーです。
このストーリーにはALやUD、通級の発想が含まれています。
ちなみにこのストーリーが目指すものは、
早くゴールにたどり着くことではありません。
生徒が相互の知識や能力を補いながら、
仲間と共にゴールを目指すノウハウを身に付けることです。
協働の体験を積み上げながら、
自己肯定感と共にアウトプットの力を育むことです。
次期学習指導要領の根幹です。
このストーリーはちょっとした発想の転換から始まります。

すでにこのストーリーで授業を展開している先生が多数います。
その授業は生徒も先生も生き生きとしています。
それが授業の協働効果です。
今後、授業改善がさらに浸透することを願っています。
その大前提として、授業規律をこまめに注意することが不可欠です。
どんな姿勢で授業を受けたらよいのか、
あるべき学ぶ姿勢をその瞬間、瞬間にわかりやすく生徒に伝える。
すべての先生が「歩くルーブリック」になることを期待しています。

【原典】http://www.akiru-h.metro.tokyo.jp/site/zen/page_0000000_00043.html
(東京都立秋留台高等学校 校長 磯村元信)

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター